FC2ブログ

宇宙戦艦ヤマト de 絵日記

宇宙戦艦ヤマトのイラスト・漫画・感想。40代反抗期も終焉、こんにちは更年期!

宇宙戦艦ヤマト2199・下巻(小説/豊田巧・マッグガーデン)感想

2016.02.04
私の周囲の評判はボロクソ(下巻読まずに売ったとか~良く上巻最後まで読めたねとか^^汗)の公式小説上巻でしたが、発売から2年、購入(舞浜コンサート時に生フィルム欲しさにサイン本購入)から1年の時を経てようやく読みましたよ、下巻!

上巻の感想(2013/12/13の記事)→コチラ

色気のない艦隊戦や歴史小説を読むのは割と慣れていて我慢強い私ですが、上巻はとにかく読みにくくて苦労しました。
下巻も、折角買ったのに放置は勿体ないし最近2199本編見てないから復習代わりに読むか・・・という感じだったのですが、下巻思った以上に楽しく読みました❤

所持したまま放置している方は、そろそろ読むのにいい頃合い(適度に本編忘れてるし)かと思うので、頑張って読みましょう^^
また、脚本集を所持しておられない方も、小説で補完されている箇所で初期設定の一部を知ることができると思うのでオススメです。(※私の方は脚本集は5月イベント終了後に本編あわせてジックリ楽しもうと思っています。)


↓以下ネタバレ含む簡単な感想&本編との相違点。

<上巻>
7章(異次元の狼)
・亜空間ソノブイ・・・古代とシーガルに載るのは、榎本+篠原・玲
 コミカライズ現在はまた単行本派になってますが、玲が同乗らしいですね。。。

<下巻>
上巻では地球側のお話が多かったのですが、下巻ではガミラス側の設定が多く描かれています。
設定資料集にさり気なくチョロチョロと書かれれている文章(人物ページの設定説明だけ見てる人はご注意。メカの所に結構情報が掲載されている)をもっと肉付けした感じ。
アベルト・デスラーが今の地位を築くまでの経緯、現状など。
本編だけだと、美麗ナルシストが勝手に何かオカシナ事いってるだけで、独裁者の苦悩ってナーニソレ?君の為に・・・って勘違い男?通過儀礼?何突然・・・?ヤマトが欲しくなった、はい??って感じですが、一応納得いたしました。
ガミラスも必死、地球も必死・・・なるほど・・・そうだったのか・・・申し訳ないけどイマイチ伝わってないですよ、アニメ本編。。。

8章(宇宙の狼)本編11話、15話
・ドメルかっこいい~^^

9章(未来への選択)本編16(ビーメラ)、17話(反乱)
・(平田回想)士官候補生学校時代の古代のアクロバット操縦が有名で、複座のナビ席に座ったものは常に失神!

失神!失神!失神~~!!

・・・大事なことなので3度言いましたぁぁ!
タクシーの様にシーガルに乗り込む古代にビビる同期の平田(笑)

豊田さん小説版古代君は好青年+クールで”テクニシャン”なんですのよ、奥様(鼻息)!
あああ・・・どうしよう///

・ビーメラからヤマトにシーガルで戻る古代ですが、ここで玲、雪と偶然とはいえ連続で女子を押し倒します
クールにシレっと上半身を起こす古代君に女子共はポ///。
この連続押し倒し魔め・・・どうしていいのか私、ワカリマセン。
まぁ、こちらの玲とユキは女の争い~的なことしませんので、さほど腹もたちませんが^^

10章(バランへの道)
・艦は古く兵は幼い・・・この辺の描写、詳しく説明。流石軍事・宇宙専門。
 設定資料集<ガミラス>のメカニックの辺りにも書いてある内容をより具体的に書いてあるので、ガミラスも必死なのがわかりやすいです。
・システム衛星で本編では真田さんがユキの事でカムアウトしかけてやめていますが、コチラではもうちょい喋ってからの中断です。

11章(七色星団の戦い)19話20話
・長らく本編を見ていないので、小説を読んでいても声優さんの声がなかなか思い出せない人も出てまいりました。
 その中でもハッキリ思い出せるのは、やはりドメル、次が真田さん。沖田さんは旧作と混ざり気味。

12章(向かうべき星)
・伊東の最期はユリーシャではなく藪と。
 藪のその後の事も考えるとコチラの方が自然かなと個人的には思いますが、ユリーシャが地球人の事を理解するためにユリーシャ膝枕は本編で必要なエピだったという事でしょうか。
 伊東がイズモ計画を支持した理由は、得体のしれない宇宙人を信じるより、地球人だけで考えた計画の方が信用できるというものでしたが、なぜ伊東が宇宙人嫌いかは説明なし。
・メルダの手をドサクサまぎれに握る古代・・・この野郎!私のメルちゃんをたぶらかすな!(あれ?)
・セレステラ
ジレルについて詳しく書かれてはいませんが、面白い記述がありました。
「惑星ジレルには自由があった。しかしその自由が星を滅ぼしたと今のセレステラは思っていた」(原文から抜粋)
自由だからこそ争いは増え、人は憎しみ殺し合う→秩序の元に恒久の平和と繁栄というアベルトの考えに共感。
フツーに考えると鶏が先か卵が先か・・的な感じですが・・・(汗
人の心が読める者同士の星には秩序など存在しようもなかったのかもしれません。

13章(遥かなる約束の地):23話、24話
・雪・・・ゆーーーきーーーー
 古代君、コレばっかやな、本当。。。

・古代からメルダへのお別れの挨拶「俺達は愛し合うことだってできるさ」→メル「ポ・・・///」
・・・もしも~し!!方舟でもバーガーやレーレライに言う気だな!絶対言えよ、古代ーーー!(怒りの矛先がオカシイ)

14章(そして艦は行く):25話、26話
・雪「愛し合えば良かったのに!」(これは本編の「愛し合う事だって・・・」の言い回しの方が良いと思う・・・)
・・・あ、ここで”愛し合う”使うのが唐突にならないように、という配慮かな。古代君のメルダへの”愛し合う”は。
異星人とも理解し合える<<<<愛し合える・・・オリジナル準拠。

そう、相互理解?・・・ぬるい!愛ですよ愛、宇宙愛!

古代君にも愛を語ってほしかったんですよね、豊田さん。。。

・アベルト「戦いは必要だった。自由と話し合いで世は乱れる。自由は無秩序を醸成しやがて争いを生み出す。この宇宙を恒久的に平和な世界にするためには、戦い、一つの秩序をあまねく宇宙に広める必要があるのだ」(原文抜粋)
・・・先のセレステラの所と一緒ですね。結構単純明快。
自由と秩序のバランスを上手くとって何とかやっていこうというのが現代政治の考え方だと思いますが、極端になるとオソロシイですねぇ、ホント。

セレステラの為ではなく古代君を守るために飛び出す雪
コチラの方がさらば準拠(デスラーを守ってるのか古代君を守ってるのかわかりにくいですが)ですね。本編の初期脚本はこうだったと聞いた事があります。脚本集にあるのかな。
雪を抱いて後ずさりする古代君の描写が泣けます。
え~と本編では絵がヘボすぎてか「セレステラを守って死ぬの?」で涙でませんでしたが、まさかまさか、人物描写がお世辞にもうまいと言えない豊田さんに泣かされるとは思いもせず。本編も出し惜しみせずこっちで良かったのになぁ。でも古代君の為に雪がしんじゃったら古代君がカワイソウすぎ&後追い自殺しそうですから何とも・・・。

・ラスト、コスモリーバス停止から再起動、雪の復活と沖田艦長の死。
ちょっと急いだ感じでしたが、沖田艦長の最後のシーンの描写は公式小説としては十分役目果たしてくれたなと思います。

やはりここは屈指の名シーン。
豊田さんが、というより原作が素晴らしいのだと思いますが、ジーンと来てしまいます。
最後の結び方もシンプルでいい。

全体としては下巻は2199とオリジナルを足して2で割った印象でございましたが、素直にヤマトの世界を楽しませて貰いました。

ありがとう、豊田先生~!

関連記事

テーマ:宇宙戦艦ヤマト2199 - ジャンル:アニメ・コミック

CATEGORY : 宇宙戦艦ヤマト2199 TB : (0) CM : (8)

この記事に対するコメント

うひょーーーーーーーっ(≧∇≦)♥
ようこんさんのお陰で買うタイミングを
逸していた小説をポチる決心がつきました

もちろん『自己責任』で上巻も( ̄ω ̄)🎵

むふふ…ネットで諸々批判を聞いたから
今まで買わなかったのに(笑)
下巻の解説にあえて比較してみたくなり
セットで購入(笑)

本日Amazonを発進したとの事です(^-^ゞ

連続押倒し魔♥の件でムラムラしてしまい
あちらこちらで騒いじゃいましたが(笑)
本日こちらの解説を読みましてから…

な…なにぃぃぃーーーっ(・・;)?!

士官候補生学校時代の古代くんの?
アクロバット操縦が有名で?
複座のナビ席に座ったものは常に失神♥

失神♥失神♥失神~~~(* ̄∇ ̄)ノ♥

古代くんはアクロバットが得意
あたしの妄想当たってたーっ(≧∇≦)♥
当たってたよーーーっ(T◇T)♥
キャッキャッキャッキャッキャッ♥

好青年+クールで”テクニシャ~ン”な
古代くんをありがたく読ませて頂きます

文字読みは好かんとか言ってられません
まずそのシーンを読んでから始めから
ネチ読みしまーす(* ̄∇ ̄)ノ

でもやっぱり話題に出してくれた
ようこんさんのお陰だな~(≧∇≦)🎵

ありがとうございます
読み終えたらお利口さんになってるかも
しれませんよ~(≧ω≦)♥

【2016/02/04 21:37】 URL | みすず #- [ 編集]


はい、さっさと売っちまったのは私ですw
このレビューを拝見したら、読んでみたくなってきました。
でも、もう一度買うのはなんか癪だし(バカさゆえの過ちは認めたくないものなんですよw)・・・
どうしよう(笑)
【2016/02/04 21:59】 URL | ELLE #- [ 編集]


クールな好青年でテクニシャン!同意〜!そしてあのシーガルの件好きだわ〜(゚▽゚*)
下巻を読むと、初期稿が見える感じですよね。
意外と「これでよかったのに……」と思えるシーンも多くて……。
古代君が、旧作の古代君にも近くてσ(・_・)は、公式小説の古代君、結構好きです(*^_^*)
【2016/02/04 22:43】 URL | そらのくまや #- [ 編集]

Re: うひょーーーーーーーっ(≧∇≦)♥
余りのみすずさんの行動の速さにビックリ!
&原画集の頃にネットでお買い物したことない~と仰られていたのが随分昔のことのように思えます。
それもこれもヤマトのお蔭。
私もヤマトなければこんなにポチしたりSNSに励んでなかったです(笑
”同乗者を失神させる”は運転上手主人公モノでは基本ではありますが、公式で読むと”キタキター!”と格別です^^
コチラの古代君、ゼロの操縦シーンだけは絶好調にグイグイ行きますので、そこは是非楽しまれてください。
専門知識&用語的には勉強になると思います~^^


【2016/02/05 08:41】 URL | ようこん #- [ 編集]

ELLE様
公式設定資料集にチラ書きの内容と初期脚本を元にしていて、逸脱もあまりしていないので思ったより参考にはなります。
貸して差し上げてもいいのですが、かさばるので送料とか考えるとあまり・・・ですね^^
【2016/02/05 08:44】 URL | ようこん #- [ 編集]

そらのくまや様
上巻は初期稿を見ないで書いたのか、それとも本編の前半がつまらないからか・・・本編そのままで非常にツマンナイものでした。
読むのが早い方は上巻もサッサと読んで感想を仰ってたのですが、下巻の感想は数人しか聞いたことなかったですね~^^
初期稿、こっちの方が良かったのに・・・はセレステラの所で良く聞きましたが、本当に・・・。
古代君の旧作っぽい所・・・艦長命令に食ってかかり気味な感じとか、可愛かったです^^
あと、本編の台詞の後にさり気なく1行追加されたトコが結構男らしいというか、ちょっとの差なんですがこれがナカナカ悪くなくて、言ったじゃないの古代君❤と思う所も何か所か(笑
テクニシャンな所といい、「公式小説古代、侮りがたし!」です。
【2016/02/05 08:58】 URL | ようこん #- [ 編集]


方舟も!?上巻下巻お疲れ様でした。さあ、次は方舟ですねこちらも同じボリューム感でせめてきますよー。http://www.amazon.co.jp/%E5%B0%8F%E8%AA%AC-%E5%AE%87%E5%AE%99%E6%88%A6%E8%89%A6%E3%83%A4%E3%83%9E%E3%83%882199-%E6%98%9F%E5%B7%A1%E3%82%8B%E6%96%B9%E8%88%9F-%E8%B1%8A%E7%94%B0-%E5%B7%A7/dp/4800003946/ref=sr_1_6?ie=UTF8&qid=1454823164&sr=8-6&keywords=%E6%98%9F%E5%B7%A1%E3%82%8B%E6%96%B9%E8%88%9F
【2016/02/07 14:33】 URL | 勘助 #- [ 編集]

勘助様
方舟は、脚本集読んだ後に買おうかな~(笑
アマゾンのレビュー読んだら下巻の方が読みやすいという意見もあって、評価も上巻-下巻-方舟と進むにつれ良くなってますから、方舟も少し期待^^
【2016/02/07 16:47】 URL | ようこん #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://yokon2199.blog.fc2.com/tb.php/834-f7e85e26
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
メールフォーム

お名前:
メールアドレス:
本文:

※3日以上返信がない場合は、再度送信下さい。

ご来訪者数

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク(ヤマト関連)
プロフィール

ようこん

Author:ようこん
漫画とお絵かきが大好き。現在『宇宙戦艦ヤマト』『銀河鉄道物語』他松本零士作品がマイブーム。

月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム

QRコード

QR