FC2ブログ

宇宙戦艦ヤマト de 絵日記

宇宙戦艦ヤマトのイラスト・漫画・感想。40代反抗期も終焉、こんにちは更年期!

コミカライズのweb配信について

2015.04.30
先日のヤマケットのイベント会場で、むらかわ先生宛のアンケートハガキを頂きました。
(ニュータイプエース廃刊、WEB配信のため、現行ではむらかわさんに直接感想を届ける手段がないので、有志の方が作られたそうです。)

そのハガキにweb版配信についてどう思うか?という感じの項目がありました。
ニュータイプエースでの連載開始当初から、ずっと「雑誌は読まずコミックスで読む派」だったもので、あまり深く考ずコミックス派を続けていた私は、さほど考える事もなく(オイ~)web上で見るより紙媒体で細かくネチネチ見たいので~(中略)頑張って下さい的な無難な内容を書き連ねて送りました。(変なこと書いて、気分を害されても困りますし・・・汗)

そうこうするうちに、翌週に学漫のご学友と会う機会がありまして、マンガ編集部勤め(この年齢だとフツーに編集長ですよ)でweb配信の方も手掛ける後輩クンが
「webコミックどう思いますかね?」と話しを振ってくるもんで
「いや、別にwebで読まないけど、買いたいものは買うし・・・webで読んでも買うものは買う」と答えたら
「そうですよね、買う人は買うんですよね」・・・と一人納得。

多数の無料ユーザーを、少数の有料ユーザが支えるという構図に、ゲーム・アニメ・漫画・・・どの業界も悩んでるのよねぇ、大変だねぇ・・・(ヒトゴト?)

企業側からすると利益は一緒(補足追記:web配信の試し読み的な宣伝効果も勿論狙っているのですが、実際の売り上げは変化なし、無料→有料ユーザへの移動は殆どない。それにサンプルなら冒頭1~2話で十分でしょう。)なのに全編無料でweb配信する意義って何なんだろう・・・赤字雑誌発行よりいいとはいっても無料ってどうよ?って事だけど、
やっぱり作品を読んで(見て)くれる人が多いっていうのは、作家からしてもそうだけど、ファンとしても嬉しいことだと思うのよ。批評とか感想とか何にもなくて世間から無視されるよりはずっといい。

2199だって劇場公開だけだったころ(劇場に行くか、DVDを買うか、ひかり、バンチャ・・・とにかく有料)は、2199の話ができる人を探すだけでも大変でした。TV放映始まって沢山の人が見るようになって、ヒドイ批評も沢山あったけど、それもこれも込みで・・・良いことだと思う~。

つまり、無料だろうがニワカファンだろうが酷評ヤローだろうが・・・遊び相手が増えるのは有料ユーザーにとってもプラスだと思うのでweb無料配信は賛成いたします・・・と言いたい。でも作家さんにはもうちょっと原稿料を・・・^^

・・・なんか非常に当たり前の事を何故か真面目に書いてしまって、スミマセン(汗


ん~~~じゃあ・・・余計かもしれないけどもうひと押し・・・
二次創作もね・・・シブとかツイッタとか目立つところで何かやってると、不特定多数の人がみる訳だから、当然納得できない批評も評価もくっついてくる訳で。
そういうの耐えられない人は公開場所を狭めて閉鎖空間にどんどんしていきます。
自分の事評価してくれる人だけが見てくれればいいから、同人誌出しても少量部数だけ刷って完売。
付き合う人間も気の合う人だけ。二次は趣味でやっている事なので、それで全然良いと思います、というか正しい姿です^^自己満足大事です。

・・・わかってるんだけど・・・なんだろう・・・人がそうなのは全然いいし
その方が楽なんじゃないかって本当に思うんですけど、自分はどうにも不器用なんでしょうね。

マイナス評価貰ったり、通りすがりの人に難癖つけられるのが嫌でショウガナイ癖に、沢山の人に見てもらいたい、文句言われたらその悔しさバネに頑張ればいいや・・・という一種の一次志向が抜けません。

・・・二次なのに~~~二次なのに~~~鼻息またひとつ~~~♪



■響け!ユーフォニアム
ユーフォ
最近、家族と一緒に見てる吹奏楽アニメの主人公。京アニキャラ!
娘1はトロンボーンをオススメされているらしいです。明日は部活動説明会でなんとヤマトの演奏が聴けるとか!
野望達成が早すぎる上に、我が子は弾いていないという・・・汗。
関連記事

テーマ:宇宙戦艦ヤマト2199 - ジャンル:アニメ・コミック

CATEGORY : 宇宙戦艦ヤマト2199 TB : (0) CM : (6)

この記事に対するコメント

ふむふむ(・ω・)
アンケートハガキ(・ω・)?
それはまたなんてアナログな…(笑)

でも作者さまに直接意見が届くかもって
考えるだけでウキウキしますね

私…web配信で全部を見たとしても
好きならちゃんと買う人です
   (予算の許す範囲で~)
CDだってDVDだって同じ
ダウンロードできたとしても気に入ったら
ちゃんと本物が欲しくなるので買って
手元に置きたくなります
   (予算の許す範囲で~)

webの無料配信って結局そういう人達へ
向けた購買促進の為の宣伝なのかな~とも
思ったりまずはwebで興味もってもらって
新規ファンを獲得したい狙いなのかなって
考えたりします

あはは…いまだによく分かりませんけど(^^;)

私も一応二次なる世界に身を置く人間(笑)
評価はどうしたって目にする事になります
から気にならないって事はありません
「こ…この1点評価野郎め~っ!気に入ら
 ないなら評価すんなコラァ」って何度
吠えたか分かりません(笑)
でも皆さんから同じような経験談を聞いて
「なんだぁ…皆そうなんだ~」と案外
アッサリとモチベーション回復(笑)

創作する→でも発表はしない…もしくは
ある場所限定で…と本人が満足ならそれで
いいですよね(*^^*)
書きたいもの描きたいものを自分の好きな
とこで…人それぞれかな…と

私はせっかく創作したんだし時間いっぱい
かけたんだしやっぱり発表して反応も
知りたーい♪って単純に思うクチ

本編から脱線したこんなクソ甘SSは
許せーーーんと思う方は全然スルーして
くれていいですもん♪

色んな場所で特定の人を攻撃する方が時々
いるけどそれなりに制裁も受けているかと
思います

皆趣向も違うし好みだって違って当然
二次世界はそういうルールのもとで
楽しまなくちゃなって思います(〃ω〃)

そういえばテレビでアメリカとの
TPP?で二次作品に対する著作権訴訟に
関して日本は手ぬるすぎるーーーっと
アメリカが吠えてましたよ?
いや~アメリカは著作権煩いですからね~
子供相手でも容赦なく責めますから
あの夢のある●●ズ●ーだって…トホホホ

二次作品の発表をある意味容認してる
日本のアニメ・漫画業界の風潮が
信じられんという考え方のようです
この間コスプレやコミケの事もその例に
取り上げらけてましたよ
マジメなニュース画面に思い切り
コスプレの兄ちゃんが出て
「ひーーーーっ( ̄∇ ̄;)」でした

自由な発表の場…無くならないといいな♪
【2015/04/30 18:52】 URL | みすず #- [ 編集]

Re: ふむふむ(・ω・)
アナログです。50円切手貼りました(笑)
でも、webで文字入力よりいいですよね・・・という割に乱筆だったかも。

長文コメありがとうございました。
みすず様、スマホで文章打つの早くないですか^^?

> 向けた購買促進の為の宣伝なのかな~とも
本文でも補足しましたが、宣伝なら一部でいいし、単行本の売り上げは変わってないと思われます。憶測ですが・・・汗。閲覧数は雑誌発行部数より当然多いでしょうけど^^

会場とかでも通りすがりの失礼(というより完全に変)な人がたまにいるので、1点さんはあういう類の人なんだな~と理解しています。web上で見ると誰か分かんない事にイライラと腹は立ちますが、本人見たらきっとコイツただの変人だな・・・放っておこう・・・って感じの人に違いない(笑)

二次は・・・色々今後厳しそうですね^^
部外者でも訴えられるようになっちゃったら、人目気にして何もできないと思われますし。
でも、原作者本人から見たら、本来キモチワルイ行為だと思うし・・・好きだから何やってもいい・・・はないよな~とも思いますわ~。
でも、二次全面禁止って言われたら、ヤミ同人誌がそれこそ超高額で取引されそうです(汗

【2015/04/30 20:40】 URL | ようこん #- [ 編集]

古代君が...
ヤマトファン(ヤマトの諸君...でもいいしヤマトクラスタでも)って、私を含め2次とか何だとか言われない頃からヤマトを好きだったので、あまりピンと来ない方もいらっしゃるかも...

ヤマト1974以降、全国にファンクラブが発足し、同人誌は無かった(たぶん)けど、OUTがあったし。

極論で「さらば」以降はみんな2次だ、なんて言ってる人もいるけど私はそこまでは思いません(でも〇〇だけは...え~~汗)

もちろん、権利関係は今後更に厳しくなるでしょうけど、ヤマトに限ればそんなに厳しくしたらそれこそ、
「古代君が死んじゃう!」ですよね。
【2015/04/30 23:10】 URL | めとろん #- [ 編集]

Re: 古代君が...
好きだからマネして絵を描いちゃった~見てみて~♪
と公式雑誌に無邪気に投稿したり、同人誌を公式に送ったりできていた古き良き時代。。。
二次って概念もなかったし、トレースしても替え歌作っても怒られるなんて認識もなかっただろうな。。。
イラストマネして書くだけなら二次じゃなくてただの模写?
色々厳しくすると、見てるだけじゃ飽き足らないファンはどうしたらいいんだーってなっちゃいそう^^

【2015/05/01 00:41】 URL | ようこん #- [ 編集]


σ(・_・)は2199のWeb配信も読みますが、本に関しては完全に紙媒体派です。

子どもの頃、月刊誌を読んでいたときは、隅から隅まで全ての作品に目を通し、その中で気に入ったものがコミックスを購入するというのがパターンでしたが、Web雑誌では、該当箇所しか読まない自分に気が付きました。
実際ニコニコAも、他の連載作品もあるのに、2199しか読んでない(他の作品の作者様、ゴメンナサイ)

出版社のコストを抑えたい気持ちもわかりますが、web配信だと、隅から隅まで読んだり、書店で書架の前を何気なく歩いて、何気なく手に取った本が面白かった……、という行為に結びつかないんですよね(;^_^A

でも、そんなWeb配信でも、作品が完結するまで続けて欲しいと思います。
無くなってしまったり、打ち切られたら、Webがどうこうどころじゃない、元も子もないですもの。

むらかわ先生も、配信やコミックスが発売になる度に、反応を気にされている日記を書かれてますね。
心血注いで、命かけてかいたものですもの、感想は聞きたいものです。

それは、二次も同じ事で、感想をいただけたら、勿論嬉しい。
否定反論肯定賛同諸々あるかと思いますが、それはそれで、自分に対して関心を向けてくれた証拠ですもの、ありがたいものです。

σ(・_・)は今の所、オフや、直売で読者や、ヤマトファンに出会う機会がないので、直接的反応というのは、わからないのですが、確かに通りすがりにマイナスなこと言われたら、やっぱり凹むだろうな(;^_^A

オンラインの評価では、公式作品でも、2次作品でも、もの凄く辛辣な評価が出ることもありますね。もちろん、高評価もあります。
目と目を合わせて語らないと、人は時として、もの凄く暴力的になるんだな〜と感じることも、時折あります。

σ(・_・)も、どちらかと言えば辛口な人間なので、出来るだけ「それをその人の目を見て言えるのか」という事を、念頭に置いてはいるんですけど、なかなかどうして難しいものです(;^_^A

日本でも、今後は2次に対する規制が厳しくなるかも知れませんね。
2199で出戻りして驚いたことは、意外と公式作品に携わっている方々も、同人誌等を発行されているという事実。
プロとアマチュア、公式作品と2次作品の境界線が、日本では融合しているのかしら?と感じたこともありました。
【2015/05/01 01:38】 URL | そらのくまや #- [ 編集]

そらのくまや様
長文コメありがとうございます。
文字書きさんはやっぱり脳内言語化が早いんだろうな~。
そういえば最近漫画雑誌を購読しなくなったら、やっぱり単行本もあまり買わなくなりましたね。
雑誌買ったら勿体ないのでザーッと一通りの作品は見ますし、気に入れば単行本も購入するので^^
ただ”2199のコミカライズ”となると、元ネタ見てないと元々のむらかわ先生のファン以外はワザワザ読まないし、逆に2199見てる人なら絵柄さえOKなら一度は読んでいそう。という訳で雑誌でもwebでもコミックス売上の数字は変化ないだろうな~と思います。
実際会うと大人しい方が、ネット上で暴言とかよくありそうですよね^^
私は寧ろネット上の方が抑制効くかも・・・見直して修正できるし。
現実は・・・酔っぱらったり疲れてるとダメですね(汗
二次の書き手と公式の書き手は仰る通り境界曖昧なのですが、編集とかの人って大概二次は興味ないのですよね・・・当たり前だけど。その距離感は思っている以上でビックリしますが、冷静に考えると現実の社会ってこうだよな・・・という感じだから、規制はやっぱり進むかもしれない~~~^^

【2015/05/01 10:33】 URL | ようこん #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://yokon2199.blog.fc2.com/tb.php/710-020f5294
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
メールフォーム

お名前:
メールアドレス:
本文:

※3日以上返信がない場合は、再度送信下さい。

ご来訪者数

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク(ヤマト関連)
プロフィール

ようこん

Author:ようこん
漫画とお絵かきが大好き。現在『宇宙戦艦ヤマト』『銀河鉄道物語』他松本零士作品がマイブーム。

月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム

QRコード

QR