FC2ブログ

宇宙戦艦ヤマト de 絵日記

宇宙戦艦ヤマトのイラスト・漫画・感想。40代反抗期も終焉、こんにちは更年期!

問題ない、ちょっと順番が逆になっただけだ(2)

2015.02.05
問題ない、ちょっと順番が逆になっただけだ(2)
R-18


問題ない、ちょっと順番が逆になっただけだ(1)の続き

”エロパロ青春小説?”というノリではありますが、無理と思ったら即刻退避お願いします。
4.

ほんの数秒の対峙の末、先に視線を外したのは古代だ。
手にしていた得物をベッドの下に放ち、体を寄せ雪の耳元でポツリと呟く。

「冗談だよ・・・僕が君の嫌がるような事、するわけないだろ・・・」
下半身の拘束が緩み安堵する彼女の両手に指を絡め、首筋にキスを落とす。

「古代・・・君・・・」
「話も聞かないで、ヤリたいだけの男みたいでゴメン・・・でも」
言いかけて古代の動きが止まる。

「いや、たいして変わりゃしないか・・・」
上等な料理とワインで酔わせ、花束とプレゼントで瞳を潤ませ、キスと抱擁で心と体を蕩けさせ・・・自分の強さと優しさ、その情熱のすべてを注ぎ込むつもりだったのだから。

「嫌だったら・・・止める」
「ん・・・」
熱いまなざしで雪の顔を覗きこむ古代に対し、雪は顔を背けた。
素直に頷くのが恥ずかしいのだろうか。強情だな・・・じゃ、もうひと押し・・・という事でその頬を両手で包み可愛らしい唇を親指の腹で優しくなぞってやる。

「ダメ?」
ちょっと上目づかいで小首をかしげ甘えてみた。
しかし、雪は相変わらず微妙な顔をしている。

良くわからないから、もっと甘えよう。
彼女の白いブラウスを左右に広げ、柔らかな二つの膨らみを揺らす。

「ダメじゃないけど・・・古代君、お酒くさい」
しまった、盲点。

「でも、ダメじゃないんだよな」
僕は枕元に転がっていたバーボンを乱暴に口に含むと、その琥珀色の液体を雪の口腔に少しずつ流しこんだ。これで少しはマシだろう。唇の端から垂れた滴は舌先で優しく絡めとる。

ずり下がって手をつき直した僕は、体をさらに後方に滑らせ雪の両脚の間に割り入れた。彼女の両脚を押し広げ、ストッキングを纏ったままの太ももに舌を這わせる。基本に忠実に、上から下、外から内へ。上の唇が嫌って言うなら、こっちにキスするだけだ。こんな男ですみませんね。

「ちょっと・・・古代君・・・お願い・・・そこは・・・ダメ・・・」
なんだよ、その定型文。
あ、でも今度はわかったよ。シャワー浴びてないから嫌なんだよね。
僕はちっとも構わないんだけど・・・雪がダメって言うのなら男らしく諦める。

彼女の優しい恋人であるところの僕は笑いながら顔を離すと、その華奢な身体をくるりと裏返しうつ伏せにした。滑らかで艶やかなストッキングと純白のショーツは一枚ずつ丁寧に剥がし、先程同様ベッドの下へポイ。

それから僕は、愛しい彼女の中へゆっくりと入っていった。



5.

僕は背後から雪を抱きしめたままベッドに横たわり、荒い呼吸を整えていた。
じっとり汗ばんだ彼女の肌に張り付く亜麻色の髪を丁寧に掬い、耳元に軽くキスをする。
それは、愛し合った後に自分から身体を離す際には必ず行っている所作だ。

些細なことではあるけれど、大事にして貰っているという感じが雪も嬉しいらしい。今もモジモジしながらシーツに包まってこちらを伺っている。微笑み返すと、彼女は真っ赤になって俯いた。

床に片足をつきズボンを拾い上げた僕は、ポケットからロイヤルブルーのビロードの小箱を探り当てた。そして、そこから取り出したシンプルな白銀のネックレスを、雪の首にかけてやる。細やかに編みこまれた鎖が彼女の肌の上で美しい陰影を刻み、その呼吸に合わせ静かな律動を繰り返す。

「雪・・・生まれてきてくれて、ありがとう」

23:59 

「ギリギリセーフね。でも、あなたらしい。そんな古代君が、私は好き」



6.(エピローグ)

「遅くなっちゃったけど・・・飯、食いに行こうか?」
「うふふ・・・何だか変ね。今夜の私達」

「ちょっと順番が逆になっただけだ」
「この時間に開いているお店、あるかしら?」

「大丈夫、問題ないよ」


◇ ◇ ◇


シャワーを浴び、身支度を整えて外に出ると、チラチラと雪が舞っていた。

「素敵、ホワイトクリスマスね」
「ああ、こんなの初めてだ」

まだ復興途上の白く静かな夜の街を、二人で体を寄せ歩く。
外気の冷たさと反対に、繋いだ手は暖かい。

「そういえば、私の遅刻の理由、聞かないの?」
「ん?あぁ・・・どうせ、アレだろ。“家に向かう途中で産気づいた妊婦さんに助けを求められて、産婦人科まで付き添っていました”・・・どう?この推理」

「・・・バカですか?と言いたい所だけど、まさかの大当たりよ」
「マジかよ・・・茶番すぎる!」


◇ ◇ ◇


(RRRRR・・・)

小さな店で暖かい食事にありついたその帰り、雪の通信機の呼び出し音が鳴った。

「出産報告の電話か・・・」
「もしもし?ええ、私です。おめでとうございます・・・いえ、そんな私は別に何も・・・ハイ、ハイ、ええ?あ、でもそういう事なら喜んで・・・」

「どうやら“ユキ“がこの世界にもう一人増えたようだな・・・」
「丁度今夜は雪も降っているし・・・ですって・・・うふふ」

「なんだか、自分だけの雪じゃないみたいで、嫌だ」
「私はあなたの“モノ”じゃありません。それに“雪”なんて名前は世界中にゴマンといるわよ・・・でも、古代君の“雪”は私だけよ」

そう言って無邪気に微笑む雪の姿が、キラキラと輝いて見える。
この輝きは確かに僕だけのものじゃない。だけど、この先もずっと傍で眺めていたい。
その為にきっと護るんだ。地球も。

「・・・あのさ、雪」
「なぁに?古代君」

「君を待つ間・・・とても・・・長くて・・・その・・・」
「?」


・・・会いたかった
・・・私だって・・・


END

2015.2.5 雪の降る日に
ようこん



(あとがき)

書き終えたと思い窓の外を見たら雨が雪に変わっていた・・・。
こういう時はよくわかんないけど、心でガッツポーズ(笑)
大人向け萌え漫画としてかなりの良い素材(Yシャツネクタイスーツ&雪制服プレイ、寝顔、下剋上、誕生日&クリスマス、薔薇)なので、R指定で全面公開する度胸が私にあったら漫画化するでしょう(笑)
プロット出来てると楽だという事がこの前で良くわかりましたし。

基本的にSSは某宇宙空間オーナーのM様の影響を受けまくりなのですが、ジュリーも混ざってます。
そして後付けの(笑)雪の描写に茉莉子さん混ざりました。痴話げんか始めたらまんまですが、私の古代君は紳士じゃありません(汗

元々旧作では「永遠に」の後のヤンデレ同棲生活SSとか好きで、その辺がジュリーと結びついちゃっていました。
ですから、2199古代君の前半戦の”カワイ~朴念仁王子様もしくは姫”ぶりに、実は少し失望していたのです。
しかし・・・ですね。後半戦・・・作画が非常にヤラシーじゃないですか、奥様!
イヤラシ作画+小野Dボイスあまり語らず・・・クレバーな女たらしにしか見えません(汗)
朴念仁は仮面なのよ(というか思春期に戦時中だったから知らないだけ~)!・・・という事でまたしても2199古代君がジュリー風味に結合(これが去年の2月)。それに方舟で回収かと思われた記憶の件も曖昧なんだから、雪の仮死のトラウマ、拉致中の疑惑とくっつけたら見事なヤンデレ道の出来上がりというものだわ・・・「永遠に」後にも負けず劣らずの可能性を秘めていましたね。ヤッホー。最近それをハッキリ気付かせてくれたMY様とME様に感謝(笑)

珍しく5000字近くて、私にしては長い方になりました。
お付き合い頂いた方、ありがとうございます。


2015.2.5 ようこん



関連記事

テーマ:宇宙戦艦ヤマト2199 - ジャンル:アニメ・コミック

CATEGORY : 妄想SS TB : (0) CM : (10)

この記事に対するコメント


お疲れ様でした~(笑)
古代君が、ヘタレなのか俺様なのか、ふりこのように揺らいでる所が、彼の心情まんまって感じですね。
一言言うなら、結わいてくれても良かったのに!
(こらこら)
もう一言言うなら、マンガにしてくれていいのに!!

楽しみに待ってるよー
【2015/02/05 22:52】 URL | 茉莉子 #3RsRQlfI [ 編集]

茉莉子さま
いや~楽しかったです。3と4以外は考えてなったので(オイ)どうなるかと思いましたが、絵と同じで誤魔化しテクばっか身についてきましたよ(汗
キチク方向の期待値の高さにそっちバージョンもやってみるかと思わなくもなかったですが、どうやって終わるんだコラみたいな・・・汗。
でも、Rは2~3回書いたら多分飽きるなという感じが良く分かりました(笑)
漫画はコンテ2枚目まで昔切ったのよ・・・汗。
【2015/02/05 23:11】 URL | ようこん #- [ 編集]

読後感想文♪
指定SS…有り難く拝読いたしました
ごちそうさまです(*^^*)♥

えへへ(〃ω〃)私の目にはもの凄くキュート
に写りましたよ?
結構責め責めな古代くんなのに『甘え上手』
なとこ出てくるし『すみませんね』なんて
旧作古代くんを彷彿させる自分ツッコミまで
あるし…やらしさ満載でありながら要所要所
クスクスしちゃうあたり…
やはりようこんさまの作品だな~と(*^^*)♥

ストッキングと純白パンティ(笑)を脱がせる
古代くんのとこで『うおっ(゚◇゚)』ってなる
と同時になぜか笑ってる私
なぜか男のワクワク感と征服感が乗り移った
ようでございました

でもその後は優しく…ん(・ω・)?
割愛部分はゴニョゴニョゴニョ?(笑)

最後の2人のセリフにほっこりした気分に
なってなんとも後味キュンなRでした♥

私はてっきり雪ちゃんから『仕返し』とか
形勢逆転の『ギャグ路線』を想像しており
ました

まだまだ『ようこんさま研究』が足りない
ようでございまする<(_ _)>

変態古代くんは大好き( ̄∇ ̄)
でもやっぱり2199の古代くんは優しく
なくちゃ♪
でもたまには古代くんの中のジュリーを
覗き見たいみすずです(笑)

ありがとうございましたーっ♡♡♡
【2015/02/05 23:12】 URL | みすず #- [ 編集]

Re: 読後感想文♪
みすず様
長文感想文ありがとうございました。
みすず様って感想文お上手ですよね^^
で、改めて作品読み直すと後半パート完全にエロパロですね(汗
漫画化する事も考えて、形容詞とか風景描写は力いれてないのですが、ちょっと頑張ったところは寧ろ読みにくいだけだなと反省しました。私の場合テンポ優先の方がいいんだろうな。
ポイ!とか”すみませんね”自分でも笑っちゃってます。
よくワカンナイ古代君ですが、今後ともお付き合いしてあげてください(汗
【2015/02/05 23:52】 URL | ようこん #- [ 編集]

そうか
順番って、それかー(何だと思ってんだ、私!)。
思いもよらぬラブリーな展開に、ホッとするようなチッとするような…(笑)。
楽しく拝読いたしましたよ~。
お疲れ様でした。うんうん、私もまんが希望です(笑)。
【2015/02/06 00:09】 URL | れおれお #Sm/ug.UM [ 編集]

Re: そうか
私もビックリなラブリー展開です(汗
期待ハズレですみませんね~でも楽しかったなら良かったです(笑)
張り切ってR指定の漫画にしても、結果として裸ギャグになってるんじゃなかろうか・・・って気がしてならないです。
【2015/02/06 00:21】 URL | ようこん #- [ 編集]

Sでなくても…
まさかのSではなかったですね~(笑)!
ノーマル方向への回頭、ほっとしたりして。

雪ちゃんをその気にさせるまでの古代君の心の声が
いろいろ正直で、笑えたりも…。
大人古代君とってもエチいですね(///)。
事が済んだ後、優しいのがこれまた!

改めて、こゆRのお話書けるって凄いです。

その後のエピもとっても素敵です。
雪ちゃんが助けたお陰で
無事に生まれて来れたかもしれない命に
「雪」って名が付けられるなんて!
感動しました!

※Rは漫画にして下さるのでしょうか?
【2015/02/06 01:26】 URL | ちひろー #A.S/z1OM [ 編集]

Re: Sでなくても…
2199古代君は確かに優しくて一見ウケウケしいのですが、それでもやっぱり戦術長ですよ。
戦闘(H)の際には、あの手この手で戦略練り、予想外の事態に素早く対処、引き際もわきまえた自己制御の効く人間である気がします・・・という訳でSっ気はあっても、そのまま突っ走らない(笑)
結構なR描写なのに、あんまり恥ずかしくもない・・・って事に自分でビックリ。
R漫画描く事思えば全然大丈夫じゃん・・・みたいな(笑)慣れって怖いわ~汗。
感動していただけたなんて嬉しいです。コメントありがとうございました。漫画化確率50%。

【2015/02/06 09:31】 URL | ようこん #- [ 編集]


ブログ初心者で初めて書き込みします。
素敵な小説、有難うございます。
パソコン苦手で悪戦苦闘しながら入力しています。
絵も素敵でとても気に入りました。
又、これからも創作、楽しみにしています。
私は絵が描けないから、かける人がうらやましいです。
【2015/02/08 10:34】 URL | マダムHIRO #- [ 編集]

マダムHERO様
悪戦苦闘しながらのコメントありがとうございます。
(拍手コメントはちょっと長文直接入力は難しいかも)
絵も文もヘタなのですが、少しずつ上達して行ったらいいなぁと思いつつ、何とかここまで辿り着いた感じです。
今後とも宜しくお願いします。
【2015/02/08 15:44】 URL | ようこん #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://yokon2199.blog.fc2.com/tb.php/660-66159d56
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
メールフォーム

お名前:
メールアドレス:
本文:

※3日以上返信がない場合は、再度送信下さい。

ご来訪者数

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク(ヤマト関連)
プロフィール

ようこん

Author:ようこん
漫画とお絵かきが大好き。現在『宇宙戦艦ヤマト』『銀河鉄道物語』他松本零士作品がマイブーム。

月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム

QRコード

QR