FC2ブログ

宇宙戦艦ヤマト de 絵日記

宇宙戦艦ヤマトのイラスト・漫画・感想。40代反抗期も終焉、こんにちは更年期!

問題ない、ちょっと順番が逆になっただけだ(1)

2015.02.03
問題ない、ちょっと順番が逆になっただけだ
(2199帰還後の古代×雪、クリスマス&雪誕生日)(R-18

どうしようもない男への愛おしさと
強さへの憧れ そして 優しさへの敬意



ジュリー進ネクタイ
※一去年のクリスマスに、茉莉子さんがコレで素敵なSS(夢ノ回廊・HPの方が寸止めが一歩進んでます)を描いて下さったのですが、私も実は一年越しで考えていたのです。寸止めじゃない下剋上ルート(笑)
漫画化しようとも思っていたのですが、一旦吐き出すことに致しました。


以下、続きに本文。
あんまり難しいこと考えずに読んで下さいね・・・最終的には悪いようには致しませんので、怒っちゃイヤン(まだ、書いてないけど~汗)。スケバンさんの続きSS以来、4ケ月ぶりに文章を書いた。。。

1.

ガラステーブルに横たわる数本のブランデーボトルとその横にぞんざいに置かれたグラス。古代進は、しこたま飲んでいた。

従来から酒は呑んでも酒に呑まれたことはない。
地球の情勢が緊迫し続けていた事もあるだろう。士官学校時代からずっと「いつでも臨戦態勢になれる男」・・・それを貫き通してきた。そして帰還後、雪と一緒に暮らし始めるようになってからも、その軍人の本能とも言える習慣は変わることがなかった。しかし今、ネクタイを緩め虚ろな瞳でグラスを見据えるこの男は、誰がどう見てもただの酔っ払い・・・失礼、美形の酔っ払いである。

なぜこんな事になってしまったのか。

カウンターキッチンに置かれた小さな電子時計の記念日を示す♡マークが小さく点灯する。
そう・・・今日は2201年12月24日。俺の運命の恋人、森雪の誕生日である。
定時に仕事を終えスーツに着替え、何と真赤な薔薇の花束とプレゼントまで用意して、待ち合わた洒落たレストランで・・・

1時間20分待った・・・俺。

ほぼ同時刻に司令部を出たはずの雪からやっと連絡があったのは、店を出た直後であったが、それも「ゴメンなさい、今日は行けそうにないから先に家に帰っていて下さい」の一言だけである。

面白くない。

21:45

帰宅してからダイニングテーブルの上に置きっぱなしになっている花束も、時間の経過とともに生気を失っているように思える。そう、今の俺と同じように。
先程までは、あんなメッセージ1本しか寄越さない雪に対して腹を立て、何かあったのかと心配し、気を紛らわすために酒をグラスに注いでいたのに・・・今はただ母親の帰りを待つ子供の様に、ボトルを抱きしめ頬をすり寄せることしかできない。

目の前にちらつく花束の存在にいたたまれなくなった俺は、ソファーからゆらりと立ち上がると覚束ない足取りで寝室へ向かい、ベッドへ突っ伏した。

雪・・・早く帰ってきて、あの花を何とかしてくれ・・・

ジュリー進izike_72


2.

防衛軍の制服に身を包んだ雪が家に辿り着いたのは23時を回ってからだった。
寝室で眠る古代を確認し、テーブルの上に置かれた大きな薔薇の花束を手に取った彼女は、それをそっと胸に抱いた。深夜の外気ですっかり冷たくなった頬を埋めると、挟まっていたメッセージカードがハラリと落ちる。丁寧に書かれた古代からの祝福の言葉が少し滲んでいた。

(遅くなって、ごめんね・・・)

彼女は一人そう呟くと、花束を纏めていた包装を丁寧に外し、花瓶に生け直した。解放され息を吹き返した花たちが嬉しそうに揺れる。

(古代君も・・・事情を話せばきっと笑って許してくれる)

リビングに散乱したボトルやコップ、脱ぎっぱなしのスーツの上着を手早く片付けた雪は、古代が眠る薄暗いベッドルームへ向かった。ゆっくりとベッドの端に腰かけると、ベッドが軋む音と共に枕に頬を埋めた古代の睫毛が揺れる。頬には涙の跡がうっすらと残ったままだ。愛おしさのあまり手を差し伸べ、その柔らかな髪を撫でつける。

(いつもは古代君が私にこうしてくれるのだけど・・・たまには反対もいいものね)

彼女は、そう微笑むと自らの唇を愛しい人の頬に寄せた・・・。


3.

・・・次の瞬間、雪の視界が反転した。
受け攻め逆転、下剋上などと抜かすのは腐った女子どもの言い方だ。ヘタレ攻め、ヤンデレ・・・断じて違う。俺の万年臨戦態勢に一切の揺るぎはない。人の気配に気づかないまま眠りこけるなんて、そんな馬鹿なことある訳ないだろう。罠にかかったのは雪で、引っかけたのは俺だ。

勝ち誇ったかのような笑みを浮かべる古代に対し、その身体に組み敷かれた雪は・・・
睨んでいる。上等だね。さっきのしおらしい気配はどこへいったのやら・・・。

「先に私の話を聞いて、古代君」
「後で聞く」

「怒ってるんでしょ?ちゃんと謝らせて」
「怒ってない。雪がちゃんと帰ってきた・・・それで十分だ」

左手で雪の利き手を押さえつけたまま、ブラウスのボタンを反対の手でプチプチと外していく。雪は必死で古代から逃れようとするが、その行為が止む気配は0である。

(片手一本でできる女の抵抗なんて、悪いけどたかが知れてるね・・・)

そう考えた古代が目を細めた瞬間、白い布が視界一杯に広がる。雪がスカーフを外して古代に投げつけたのだ。しかし、反射とはオソロシイもので、古代の手には雪が放った白いスカーフがしっかり握られていた。

「目くらましか。なかなか素早かったし、ナイスアイディアだと思うよ。そこらの痴漢には有効だろう。だが、65点だ。相手に武器を投げそれを奪われた場合、自分の方がより危機的な状況に陥るのはわかるよね」
「・・・?武器?」

古代の意図が理解できず雪が呆けている間に、古代は手早く自分の着ていたスーツのネクタイとベルトを外し両手に掲げた。

「相手が逆上する場合だってあるんだよ?スカーフとネクタイとベルト・・・一体何ができると思う?」
見下ろす古代の表情は闇に紛れ覗う事もできないが、その瞳には明らかにいつもと違う青い炎が宿る。

「何を・・・言っているの?・・・古代・・・君?」
「雪のベルトも入れて4本か・・・口と手と足、それに目・・・丁度いいって事だよ」

低い声が直上から響き、雪は息を飲んだ。
自由なはずの上半身を動かすことも、その瞳から目を逸らすことも出来ないまま・・・。




(2)へ続く

関連記事

テーマ:宇宙戦艦ヤマト2199 - ジャンル:アニメ・コミック

CATEGORY : 妄想SS TB : (0) CM : (4)

この記事に対するコメント

万年臨戦態勢w
それっていつでも波動砲を…(すいません)
4つの道具…古代ってソッチ系だったんだ(笑)
早く次が読みたいです!
【2015/02/03 22:46】 URL | めとろん #- [ 編集]

臨戦態勢になれる男
ア…アブノーマルな予感( ̄∇ ̄;)?

ネクタイ…ベルト×2…スカーフ
こ…これはっ(゚Д゚)

雪ちゃん恋しさにタガがはずれたの?
泣いてたくせにぃぃぃっ

このまま変態まっしぐらか!
それとも………な展開に?←これだーっ!
あえて文字にはしませんが続きを見てから
白状します( ̄∇ ̄)

『臨戦態勢になれる男』

このフレーズ…めちゃくちゃ気にいってます
(笑)(笑)(笑)
【2015/02/03 23:42】 URL | みすず #- [ 編集]

Re: 万年臨戦態勢w
以前のコメント欄で出た、”古代君は酔っぱらわない&いつでも臨戦態勢”、ヒジョーに美味しかったので使って見ました。そして波動砲は小野D並にゆるい・・・ってなんじゃソレ(汗
【2015/02/04 07:50】 URL | ようこん #- [ 編集]

Re: 臨戦態勢になれる男
まぁまぁ、変態プレイの一つや二つ・・・汗
皆様の期待を裏切るのが使命なので、どこまでも素直に展開いたしません。
臨戦態勢、ウケますよね^^
【2015/02/04 07:52】 URL | ようこん #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://yokon2199.blog.fc2.com/tb.php/658-0ae36862
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
メールフォーム

お名前:
メールアドレス:
本文:

※3日以上返信がない場合は、再度送信下さい。

ご来訪者数

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク(ヤマト関連)
プロフィール

ようこん

Author:ようこん
漫画とお絵かきが大好き。現在『宇宙戦艦ヤマト』『銀河鉄道物語』他松本零士作品がマイブーム。

月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム

QRコード

QR