FC2ブログ

宇宙戦艦ヤマト de 絵日記

宇宙戦艦ヤマトのイラスト・漫画・感想。40代反抗期も終焉、こんにちは更年期!

追憶の航海・横浜ブルク舞台挨拶(10/11)感想

2014.10.11
10/11追憶の航海の初日舞台挨拶行ってきました~^^

”新作映画の劇場公開に向けた宣伝的意味を持った総集編”という目的から考えると◎。
古雪ファン的には△。
個人的にはコンナモンデショ~合格○!

上映館も増えたことですし、久々の(もしくは上映館が増えて初めての)スクリーン鑑賞を気楽な気持ちで楽しめばいいと思いま~す。


以下ネタバレ感想&舞台挨拶メモ
★舞台挨拶の内容について(青字は私の感想)

■登壇者:菅生隆之さん(沖田十三 役)、井上喜久子さん(スターシャ・イスカンダル 役)、加戸誉夫さん(監督)、 森田繁さん(構成)、小林MC(以下敬称略)

ブチ総監督のいない舞台挨拶・・・凄く寂しい。
ヤマトが好きで好きで本当に楽しそうに喋りまくる監督に、これまでずっと元気を頂いていたんだなって痛感。

・総集編は「戦うヤマト」だった。沖田もイイ顔が多かった。(菅生)
・スターシャはカットシーンが少ない→守さんを思って泣き崩れるシーンがなくて残念(井上)

以下(加戸・森田混在・・・スミマセン)
・ドメル自爆シーンにSE入れたのは尺が足りないので分かり易くした。→シックリ来てしまっていた。
・最初は26話分から不要な部分を切って行ったが、3日かかっても埒が明かず、コンテからピックアップしたらようやく3時間超に。さらに必要な戦闘シーンだけを集約したら1時間30分。でもそれではつまらないし2199らしくない。戦闘シーン以外の部分をプラスしての2199である。
・ナレーションは少な目だけど、初めての人にもわかるようにした。
・ダイジェストではなく2199の素材を使った映画を目指した。
・加戸さん・・・切る要員、森田さん…残す要員 を期待されていたようだが、実際は森田さんがカット役に。
・拘って残したシーンは、
 (1)メルダの身体検査(作画修正あり)→多分横たわっている横からのショット。ここは私も美しい!と目を見張りました
 (2)イスカンダル到着時の雪の「気温~度」・・・分かり易いので。
・新規カット以外に作画修正も
 (1)沖田監督の黒い影→ハイハイ分かりましたよ~でも段々増やしているとは(笑) 
 (2)ヒス総統の目の血走り・・・あったりなかったりするようにした。→気付かなかったわ(汗)
 (3)イスカンダルから発進するヤマトを見送るスターシャの向きを修正→観た時に「こうだったっけ?」という違和感はあった。お腹に手もあててなかったですね^^
 (4)アフロなデスラーの後ろ頭→どこ?
・音響 5.5インチ→5.1インチ(↼ゴメン音についてはよくわかんないです・汗) 音の拡がりは劇場の方がよくわかる。
 →変な所から変な音が?と何回か思いました。
 ゲットーの爪磨きの音、23話古雪ヘルメットゴツンがデカい音でした。正直耳にキンキンして嫌だった・・・


・むらかわさんのED絵
 これからのヤマト、イスカンダルとヤマトの未来

★劇場限定絵コンテ付BD…観てから決めようと思って結局買いませんでした。
ゼーリック元帥に合わせる顔がございません。
舞台挨拶の説明では、絵コンテは総集編の出来上がりに合わせてスタッフが、元の絵コンテをキリバリして作ったという事です。色んな方の絵コンテが見らえるという点ではいいのですが、絵コンテ→本編の流れが見たい私としてはちょっと目的に合わないのでやめました。

★感想
総合的には古雪はナレーション専門と割り切ってさえしまえば、それ以外の部分に関しては○。
だって劇場で何が嬉しいってやっぱ戦闘シーンでしょう。
冥王星、5章ドメルvs沖田、七色星団を見どころに据えたのは正解。
25、26話カットは劇場新作へスムーズに繋げる為にはOKだと思います。
守兄さんが全く出てこなかったのは寂しいですが、仕方ないかなと思っています。

・メルダ美形やの~
・ゲール&ゼー様に座布団全部~
・雪のナレ随分大人っぽかったなぁ。
・23話24話は作画が麗しいなぁ~。
・歯を食いしばる古代君も素敵でしてよ♡

★お笑いポイント
・小野Dナレ「俺、古代進」、「愛娘、メルダ・ディッツ」・・・何か変だぞ。
・EDの島さんのオシリは2199本編の雪のオシリと対をなすんだよね。男女平等~♪
BDとかTV放映では湯煙で隠されているカモね。

私の贔屓キャラ(ドメル、メルダ、ゲール、ノランあたり)ほとんどバッチシ出場、かなり俺得でございました。
スミマセン・・・汗。

忘れる前に頑張って書きました。
明日は終日イベントですので返信明後日になります^^

次だ、次ーーー!

関連記事

テーマ:宇宙戦艦ヤマト2199 - ジャンル:アニメ・コミック

CATEGORY : 星巡る方舟 TB : (0) CM : (8)

この記事に対するコメント

私も見てきました
上映初日、劇場で見て来ました。
見た感想はようこんさまと同じく星巡る方舟に繋げる内容だと思いました。
総集編は短くまとめなくてはならないのでこんな感じなんだろうなと。
また劇場でヤマトを見れたので良かったですが。
星巡る方舟は楽しみです。
しかし豪華本!高いです!
コンプリートしたら3万は超える・・・でも欲しい・・・
ヤマト基金をしなくてはです(汗)
【2014/10/12 08:05】 URL | ぴよ #- [ 編集]

「追憶の航海」感想(ネタバレご注意)
私も初日の第1回から観てきました。
「演出力」が神業レベルで、「総集編&新作への導入」という点でも出色の出来栄えだと思います。
戦闘シーンもそれ以外のシーンもほぼ文句なし。

しかし何といっても主要キャラだけ残して、後はバッサリとモブ化したのは英断でした。玲でさえも(笑)
古代守をあそこまで切り捨てたのはスガスガしい(?)くらいです。演出的にはこれでスターシャが「悪女」にならなくて済みますし。

「古雪」も2199TV本編よりはかなり焦点を当てて補強できたと思います。あの「タックル」も入れたしw

・「アフロなデスラー」...私は「おっ、直ってるじゃん」と気付きました(笑) 雪(ユリーシャ)のデスラー 謁見で「まさか私の顔を忘れた訳ではあるまい」の前に 遠目で小さく映る頭です。第6章公開時は「ボーボボボ」なんてヒンシュク買ってましたから。

・「メルダの身体検査、作画修正」はわかりませんでした。出てきただけで歓喜w、ヘルメットを脱ぐ「神シーン」も出て大満足!

・「愛娘」...私もアレっ?て思いましたw

むらかわ先生のED絵。これを観られただけでも劇場に行った価値がありました。ユリーシャのガミラス議会での演説や、ヤマト湯での島&山崎、玲の失恋?パフェヤケ食い(汗)
しかし最高だったのがヒス君!また「ロリ・ヒス」とか弄られるんだろうな~

本日は所用で有明宙域には出撃できませんが、冬コミ楽しみにしています♪
【2014/10/12 10:33】 URL | めとろん #- [ 編集]

えっ?
えっ?
島君のお尻!?

反応するのそこ?(笑)
【2014/10/12 15:59】 URL | マシュー #vGb3FWus [ 編集]

楽しかった
イベント前日に詳細なレポート、すごいです。よく覚えてらっしゃるなぁと。
舞台挨拶付きの上映は初めてだったので、うきうきでしたが、ようこんさんに遭遇できたことの方がうれしかったようです♪ 沖田艦長の声が生で聴けたことはおおって感じでしたが。
「俺」、なんとなく浮いてますよね?本編でなんて言っていたか覚えてないのですが。「自分」?
・・・おしりはBDにも無修正です。ご報告。 
【2014/10/12 17:39】 URL | ふうこ #- [ 編集]

Re: 私も見てきました
こんにちは^^
1本の映画としては?ですが、TVは観たけど映画館では初見の方や戦闘シーン好きな方には娯楽作品として良かったんじゃないのかな~と思います。
豪華本・・・私はちょっともう無理(汗。
星巡る方舟はとても楽しみですね~^^
【2014/10/13 07:59】 URL | ようこん #- [ 編集]

Re: 「追憶の航海」感想(ネタバレご注意)
スターシャ様がちゃんとした女王様でしたね(笑)
古雪もそう言われて見れば余計なキャラがいない分集中できた気もしますね。
2回目はその辺りもちゃんと見てみたいです。アフロなデスラーも(笑)。
メルダの身体検査、流れる髪がそれはもう美しく、あの棒人形みたいなボディーも引き締まったスーパーモデルボディーに見える線の強弱?が素晴らしいですよ(笑。是非次回凝視してください。
ED絵、流れが早すぎてついていかれなかったので、ここもジックリみたいと思います。
BD買わないので、劇場ではなくひかりTVで見てちゃうかもデジカメ撮影しちゃうかも~。
【2014/10/13 08:59】 URL | ようこん #- [ 編集]

Re: えっ?
いいシーンなんですけどね^^
そっちに目が行ってしまいます。。。
【2014/10/13 08:59】 URL | ようこん #- [ 編集]

Re: 楽しかった
記憶力0なので、ちょっと恥ずかしいけどメモとっています。
私も、鑑賞後誰かと会話したかったので、丁度良かったです(笑)
お声かけいただきありがとうございます。
舞台挨拶は、やっぱ丸ピカの方が盛り上がってましたね。
登壇者もやや疲れ気味でちょっと寂しかった印象でした。
古代君は、本編では、自分・僕・俺使い分けてましたよ^^
おしり無修正か~残念。映画特権じゃなかった~(笑
【2014/10/13 09:03】 URL | ようこん #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://yokon2199.blog.fc2.com/tb.php/588-10b2e60b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
メールフォーム

お名前:
メールアドレス:
本文:

※3日以上返信がない場合は、再度送信下さい。

ご来訪者数

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク(ヤマト関連)
プロフィール

ようこん

Author:ようこん
漫画とお絵かきが大好き。現在『宇宙戦艦ヤマト』『銀河鉄道物語』他松本零士作品がマイブーム。

月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム

QRコード

QR