FC2ブログ

宇宙戦艦ヤマト de 絵日記

宇宙戦艦ヤマトのイラスト・漫画・感想。40代反抗期も終焉、こんにちは更年期!

2199第7章24話(劇場上映)感想(ネタバレあり)

2013.08.29
2199第7章24話(劇場上映)感想(ネタバレあり)


前回の23話は、作画、脚本共々、とにもかくにもクドイ&暑苦しい~~!(ラストシーンは除く)
監督が絵コンテ切ると、ま~とにかくオタクな二次臭プンプン!って事でしたか…という感想を見終えた後には持ってしまうであろう上品で美しい24話。
(音楽)
まずは音楽。今の今までこんなに長く一つの楽曲を続けたことがあったでしょうか。
2199は場面が変わるごとに音楽もブツ切りの事が多く、それが結構ストレスでした。
間の取り方が下手なのかそもそも詰め込みすぎなのか。
初めてゆったりとした気分で流れるように…っていうのを味わったかも(観測員9号の曲を使ったシーンは比較的ゆったりしてよかったかな)後半は交響組曲そのまま?私は「交響組曲宇宙戦艦ヤマト」「不滅の~ディスコアレンジ」の2枚しか所持してないものでして…。とにかく聞きなれてるので安心します。

(作画)
上品です。ヤラシクないです!
水着回でも美しい(もちろんパロディポイント★★★★★ですが)!
定かではないですが、キャラクター作画監督の高木弘樹さんが入っている回が好きなのかも知れません。12~14話、17話あたりにお名前がありますね…。見当違いかもしれませんが。
ユリーシャとか雪、スターシャをキレイに描いてくれている。コレだ~~~!
(モチロン戦闘シーンとかは増永さんの絵とか、監督の絵コンテ好きですよ。)

(脚本)
流れるように美しいセリフ。どれも素敵で酔いしれます。
嫌だ!ナニコレ?とひっかる箇所がない!(唯一はスターシャのアレ)
という当たり前の事がこんなにも素晴らしいとは(笑)。
そう、美女とは語りも仕草も一つひとつ美しくなければならないのですよ!

守兄の長い語りには泣きました!
そして、最後のシーン…なんと清々しい!
私2199で初めて心から清々しい気分になった気がしましたよ!

ここまでで44分…あれ?24話の方が長い?
カットしていい場所なんてありません。EDはなしでOK!

※気になる箇所:
「彼らには生き抜こうとする意志がある」…
デスラー総統にはそれがなかったという事か。破滅の愛…。

※パロディというより、シリアスな二次補完小説&漫画のネタの宝庫ですね。
美しいイスカンダルの情景に佇む古代と雪を描きたいです。

riku5_yuri_600.jpg
昔キリリクで描いたものですが、ユリーシャがガミラス人と結婚することになって、昔を思い出しているところ?ってな感じでしょうかね~。なんで泣いてるんだ~~やっぱ進サンに惚れてた?
お姉様もサーシャも既に亡くなっていて、イスカンダル人も遂に私一人…の涙でも可。
関連記事

テーマ:宇宙戦艦ヤマト2199 - ジャンル:アニメ・コミック

この記事に対するコメント


うん、納得です。そうかσ(・_・)が持ったスターシャのイメージは23話の濃いイメージが消えなかったせいですね。
確かに24話の作画は綺麗でした、この時のスターシャは猊下だった。
守兄さんのメッセージは、泣きました。本気で泣きました。そして進の背中が忘れられませんo(T^T)o

24話は全体でみても長いのですね。
もう、TV放映時には延長特番にしてもらいましょう(*^_^*)
【2013/08/29 01:18】 URL | そらのくまや #- [ 編集]

そらのくまや様
好みの問題かとも思うんですけどね~^^
24話のデスラー総統とかは逆にファンからすると淡泊過ぎですし…。
でもスターシャが守さんの気とかを吸い取ることで子を宿したり、永遠の美貌を保つことができる…とかも面白いような(笑)。カマキリ女王スタ?周りの墓は皆男だったりして…。
【2013/08/29 08:42】 URL | ようこん #- [ 編集]

なつかしや
って、今年の4月に描いてもらったんですよね。
この絵は、「もう一人の私」を見送っている姿としてもいいのでは。

第24話は美しかった。イスカンダルを出港するシーンでは、もうここで2199が終わってもよかったのでは、と思ったくらい。
【2013/08/29 22:10】 URL | ハイクリア #sRjzIzUw [ 編集]

Re: なつかしや
ハイクリア様はこの24話どう思ったかな~?ユリーシャキレイだったし大満足してらっしゃるかしら?等思っていたので、コメント非常に嬉しいです^^
pixivとかにもこの画像はupしてないので「この時はユリーシャの事何も判ってなかったな…」とか懐かしく思い出しました。
> この絵は、「もう一人の私」を見送っている姿としてもいいのでは。
衣装がアレですが、確かにヤマトを見送ってるイメージで描きました。「もう一人の私」の表現もロマンティックで良かったですね^^
> 第24話は美しかった。イスカンダルを出港するシーンでは、もうここで2199が終わってもよかったのでは、と思ったくらい。
確かに素晴らしい余韻(笑)。この先がツライすぎるので続きを見るのが滞ってます。
【2013/08/29 22:35】 URL | ようこん #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://yokon2199.blog.fc2.com/tb.php/307-751d7bf5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
メールフォーム

お名前:
メールアドレス:
本文:

※3日以上返信がない場合は、再度送信下さい。

ご来訪者数

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク(ヤマト関連)
プロフィール

ようこん

Author:ようこん
漫画とお絵かきが大好き。現在『宇宙戦艦ヤマト』『銀河鉄道物語』他松本零士作品がマイブーム。

月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム

QRコード

QR