FC2ブログ

宇宙戦艦ヤマト de 絵日記

宇宙戦艦ヤマトのイラスト・漫画・感想。40代反抗期も終焉、こんにちは更年期!

2199第7章・初日舞台挨拶(新宿)1回目レポ

2013.08.25
◆2199第7章・初日舞台挨拶(新宿)1回目レポ(※追記にネタバレあり)

上映終了後は通常より長い拍手でありました。
ウワ~っと拍手喝采…ではなくダラダラと長い拍手。
スタッフ、視聴者ともに長い、長い旅でしたが、
最後を飾るに相応しい最終章…ありがとう&お疲れ様。
そんな感じでしょうか…^^

照明が明るくなりカメラマンさん等の移動の時間、ちょっと一息。

全員起立(嫌な人は無理しないでOK)で敬礼して登壇者を迎えます。
古代進役の小野さん、島大介役の鈴村さん、出渕監督の順に入場。拍手~。

小野さんは赤白ストライプのシャツに紺ジャケ&ズボンの裾まくり~のカワイイ感じ。鈴村さんは明るい青のジャケット姿でした。監督は…いつもどおり?

以下メモ書きをそのまま転記。敬称略。
補足は間違う可能性があるので最小限にとどめました。
明らかな間違い等ございましたら、教えて下さい。


●小林MC(以下:司会):2199完結の心境は?

小野:長い旅。本当にホッとしている。皆と一緒に旅をした。やっとここまで来た。
   どうしよう…とプレッシャーを感じていた頃が懐かしく思えるほどに長い。
   色々思い出して感無量。

鈴村:長い収録。やっと辿りついた。出来上がったフィルムみたが感動的。
   2199でヤマトは復活したが、昔のヤマトの空気感も取り入れつつ現代への橋渡しができた。 
   旅に付き合ってくれてありがとう。

監督:二人(小野&鈴村)はオーディションから2年だけど、僕らは5年くらい。
   早く形にして上映したかったが、色々波、難所、足止めがあって、ようやく公開した。
   感無量って言葉はありきたりですが、感無量としか表現しようがない。

●嬉しかったことは?

監督:1作目のリメイクをやれるという事自体が、「え!?嬉しい!」だった。

●スタッフの声かけについて(またその話?もっと気の利いた質問せんかい!)
監督:同世代のヤマトが契機でコッチの業界に転んだ人を勧誘した。この作品を契機に天文、アニメなどの職業についた方も多いと思う。同じ思いを持つスキルのある人。脚本、作画、デザインの中では自分はデザインが専門だが、ヤマト再構築のデザインとしては自分個人としてはパーフェクト。

●オーディション?

小野:古代役は同業の先輩からのプレッシャーが凄かった。優しいというより、古代しくじったら許さん!とか何でオマエが?俺がやりたかったのに!とか…他の現場の音響監督さんから大丈夫か?と言われた。
最初はどうしよう…と責任を感じていたけど最後はえ~いままよ!と吹っ切れられた。結果的になりふり構わない古代を演じることができた。(またその話か…)

森君、森君、森クン…ときて突然「ゆ~き~~~」おおおっ!生声)と叫び出してから落ち着いた…
で、すぐ森君に戻る…「バカーーぁ!」(笑)←ココ可愛かった。。。

(↓以下ネタバレ含みます
小野:最終章のアフレコ前は色々考えて初めて眠れなかった。”え~いままよ”だったがアフレコ現場では落ち着いた。寝起きの古代…ホントに不眠寝起きでシンクロした。

監督:(役に)入ってるのでそのまま採用。25話の雪が撃たれた後の「ユキ~!」も計算しない滑舌だった。

小野:最初はカタチにこだわっていたのに、懐に入っていけた(←?)

鈴村:女運がない、寂しい。チャラい当初のイメージが父さん、山さん、反乱を経てグッと成長。イメージが違って見える。(監督:根っこは一緒で変わってないけど)。島は人や周囲を気にしているが無口。カッコイイけど声優の芝居は少ない。イスカンダルから皆敬礼しているのに一人座って操縦する島。そりゃそうだ。

太田との「誰がカジ取ってる…」の掛け合いシーン、これも大人っぽくなってる。1年で成長。南部(cv赤羽根さん)のボンボンメガネも成長。小野Dは波動砲を撃つと思って彼に辛くあたる。最後はキャストがクルーにしか見えない。太田役がまたお調子者で「おにぎり」と呼んでいた。島の周りにはメガネとデブしかいない。新見さんが寄ってきたけど眼中になし。

デスラー「カチ」ド~ン。どーなるんだろ?ああ?
自ら乗り込んでくるデスラーが気になる。
ガミラスの描写が多いせいで島の色恋がない。雪にチョッカイだして玉砕したかった。
最後の生き返った雪への「おかえり」に淡い恋心を込めた。秘めに秘めたる思い♪

監督:気付かなかった…(←ヒドイ)
司会:姫に秘めたる?のダジャレ?
鈴村:違います。


●最後に一言

小野:ありがとう。以上です(by沖田)。
   色々な思いがあるが表現できません。スタッフや観られた方全員にありがとう。

鈴村:最初どういう旅になるかわからず、どうやって旅を作るのか、受け入れて貰えるのかという航海の中、支持してもらいその力をバネに辿りついた。お客さんの支持がないと成立しない。いい旅にならない。
しかし、島的にはまだ旅を終えたくない。テレサ狙い♪。

出渕:勝手に言ってますが、(続編などは)神のみぞ知る。今は虚脱状態。試写会があってその時に実感があって、やって良かったと思った。

予告編(劇場版)は全部自分で書いている。
高橋良輔さんに「アニメの監督のキモは?」と聞いたら、
「監督はカッコイイ予告編が書ければいい」との答え。
確かに『(装甲騎兵)ボトムズ』の予告編はカッコイイ。その時に決めた。

7章(劇場)に予告はもうないが、パッケージ(DVD)にはある。今までは「あと○日」だったが、最終話では自分のスタイルで最後の一言を書いた。贈る言葉になる。旅に終わりはない(沖田)。

●満足度
出渕:お詫び(25話の件)。上映版(DVD)はイケテル。
最終回の脚本はオリジナルと変わってる。

コスモクリーナーは?
守はどうなってる?

…これをどう落としていくのかシミュレーションすることが最終回のドラマの構築に繋がった。

旧作では沖田が死んで雪が生まれ変わる。(パロディで雪がひげ面とか)
→2199では守がコスモリバースのファクターとすることで、守と進の別れ、雪の復活を描いた。

ヤマト(=古代)が帰る=地球を救う
→沖田がヤマトになって地球を救う。※修正しました(8/26)


このこと(沖田がヤマトになる)は劇中の登場人物は知らない。お客さんだけが知っている。
そういう構造にしたかったので上手にできた。

★撮影タイム。ヤマトガールズ5人揃い踏み。新見さん細い~。

退場時に拍手。
暖かくも静かで長くそして寂しい拍手だ…と感じました。
スタッフが茫然自失…なだけでなく私たちもまた長い旅を終え呆然としていたのでしょう。



(25日11時追記&一部修正)
御前様で帰宅し2時過ぎに寝床に着くも眠れず、再度4時半に起きて作業。
気が付けば6時半になっていました…。

感想UPはもうちょっと落ち着くのを待ちます…^^
今は、劇場で濡らした胸元がただ痛いです。。。

取り敢えず一言だけ---。

泣きました!!

…ありがとう!感無量です!


関連記事

テーマ:宇宙戦艦ヤマト2199 - ジャンル:アニメ・コミック

この記事に対するコメント


おはようございます。
舞台挨拶レポ、ありがとうございます!映画館には乗艦さえできず、昨日は、いろいろな方のTwitterやブログにおじゃましてました。
舞台挨拶レポは、まだ巡り合えて⁈いませんでしたので、とても楽しく読ませていただきました^o^
声優さん、監督さん、スタッフさん、それぞれプレッシャーありつつ、ヤマト2199愛でここまでこれたのかなぁと、いまさらながら、思いました。
また、次回レポ楽しみにしてます。
今日は、TV版を見て、第7章の妄想に浸ります(≧∇≦)
【2013/08/25 06:39】 URL | かよさん #- [ 編集]


おはようございます。
私も寝不足なはずなのに目が覚めてしまいました。そして寝起きからヤマトが頭の中に(^_^;)

それにしても、メモ取っていらしたなんてすごいわ!私はひたすら酔いしれてました。生雪だけでお腹いっぱいでした。

舞台挨拶回に行ったのは初めてだったけど、行けて良かったです。本当にスタッフに感謝です。
【2013/08/25 09:32】 URL | 茉莉子 #- [ 編集]


レポートありがとうございます!!
最後はやっぱりそういう解釈でOKですよね。
自分だけわかってなかったらどうしようかと。
大阪のトーク狙います!!
【2013/08/25 10:33】 URL | 勘助 #- [ 編集]

かよさん
レポは長いの2回に分けようと思ったのですが、
間を置くと忘れるので一気に最後まで書き合体しました。
最後の監督の説明がちょっと自信ないけど…。
ネタバレなんで見ちゃうと勿体ないですよ^^
【2013/08/25 11:00】 URL | ようこん #- [ 編集]

茉莉子さん
時間感覚がちょっとオカシクなってますが、
今日はパンフやグッズを眺めて呆然と過ごしてしまいそうです。
本編で満足しちゃって創作意欲が…湧かないかも^^
雪の謎は色々わかんないままだし。困ったな。。。
【2013/08/25 11:04】 URL | ようこん #- [ 編集]

勘助さん
1回見ただけだったので、出渕監督の話についていけてなくちょっと自信ないですが、
「沖田がヤマトになって地球を救う」はメモ書き通りです。
その前は守の話は単語のみのメモを自分でつなげたので心配。
この辺は公式サイトでちゃんと書いてくれると思います。
足りない部分の補足の足しになればと思い、頑張りました^^
【2013/08/25 11:07】 URL | ようこん #- [ 編集]

舞台挨拶
こんにちは。舞台挨拶、行けなかったので詳細なレポート、本当に嬉しかったです!
まだ、「あのセリフやこのシーン」が頭の中を渦巻いています。落ち着かれたら、感想UP楽しみにしております。
それにしても、スターシャ様ったら...
【2013/08/25 12:36】 URL | めとろん #- [ 編集]

(^^;)続編は…
鈴村さんのコメントに蒼白。
やめて……あなたにはテレサはムリ(爆)!!
デブとメガネで我慢して!!(大爆)

しかし、お疲れさまでしたようこんさん。
ありがとうございました!
【2013/08/25 14:00】 URL | ERI #lObU7GmY [ 編集]

Re: 舞台挨拶
めとろん様
観たいのに見に行けない方の為に、頑張ってメモした甲斐がありました。
理解力のある他の方のレポと併せて読めばかなり正確に脳内再現できそうです^^
守兄ったら…博愛主義者なのかしら...
【2013/08/25 14:05】 URL | ようこん #- [ 編集]

Re: (^^;)続編は…
ERI様へ
鈴村さんは小野さんよりトークがお上手なので、
呆然自失気味の他二人に変わって場を盛り上げようとしてくれましたよ~。
いい人です。ある意味気遣い上手な島さん的で、
人間としては小野さんより鈴村さんに私惚れましたね^^
デブとメガネ…可哀相に…笑
他の方にチケット譲ってご自分は幹事だからとご覧なってない
某Sネー様の為にも書きましたよ…^^
【2013/08/25 14:15】 URL | ようこん #- [ 編集]


うわー、すごい。
ようやくネタバレを恐れずに伺いました。
その場の雰囲気がよく伝わってくる力作レポートです。
お疲れさまでした!

鈴村さんのキャラ、意外~
こういうトークショーでもない限り、見られない一面です。
それにしても生雪、羨ましい…
今後の小野さんの「売り」になりましたね。
流行語大賞は・・・無理か笑
【2013/08/30 10:18】 URL | ツクル #- [ 編集]

ツクル様
鑑賞おめでとうございます。
まさかホントに子連れで行かれているとは…きっと行儀のよいお子さんなのですね^^
相変わらずのネタバレ地獄っぷりですが、画像がないからまだマシかも(笑)。
生雪…メモってたのでその入りの瞬間は見そびれ&聞きそびれました~~。
【2013/08/30 11:40】 URL | ようこん #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://yokon2199.blog.fc2.com/tb.php/301-8705aab2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
メールフォーム

お名前:
メールアドレス:
本文:

※3日以上返信がない場合は、再度送信下さい。

ご来訪者数

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク(ヤマト関連)
プロフィール

ようこん

Author:ようこん
漫画とお絵かきが大好き。現在『宇宙戦艦ヤマト』『銀河鉄道物語』他松本零士作品がマイブーム。

月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム

QRコード

QR