FC2ブログ

宇宙戦艦ヤマト de 絵日記

宇宙戦艦ヤマトのイラスト・漫画・感想。40代反抗期も終焉、こんにちは更年期!

2202第7章(25話)感想 その1

2019.04.20
放置していた、25話感想を。

■25話『さらば宇宙戦艦ヤマト』感想(その1)

ニードルスレイブ(&ノコギリ)もういい加減ヤダヨー。

↓続きに割と真面目な感想です。

<ゴレム起動→滅びの方舟起動>
ゴレムが起動して、ガトランティス人の人造細胞が破壊されますが、大帝は生き残ります。

「悪しき種の抹殺、創造主から与えられた一命を果たすべく滅びの方舟は常に自らを最適な形への進化させる。ガトランティスという間借り人がいようがいまいが問題ではない。必要なのは滅びを促す裁定者、人間の意志」


初代大帝は方舟を起動できなかったのに、今は出来るということは世代を重ねるうちに(もしくはミルやガイレーンの死に)より人間的になっていったという事なのでしょうか。ウ~ム。サーベラーは苦しみ損?

ここの古代サンの必死っぷりは面白かったのですが、止めに入る斉藤、機動甲冑がじゃまだなぁ~^^
肉体や視線のぶつかり合いがないのが寂しいよ・・・。

<斉藤&キーマンの最期>

「エネルギー変換が終わる前に変換炉(?)に近づいて内部から爆破する・・・これしかない」
波動掘削弾なんかで影響与えられるのかな~。
珍しくゼロの内部が丁寧に描かれていて目を奪われます。
Uターンして「勝手に決めるな」の後、キーマン中尉がボタン押して警告音だけが鳴ってるシーンがありましたが、コレって何やろうとしてたのかな。ただの魚雷切れ?

(1)自分のために生きられない人生なんて悲しすぎます

斉藤:「自分のためにしか生きられないヤツの方がよっぽど悲しいってもんだ。なぁ、みんな本当は大切な何かをみつけるために生きてんだィ。それをなくすぐらいなら死んだ方がマシだって思える何か・・・しょうがないよな、見つけちまったンだから。」
古代:「俺も・・・」

仲間とか愛する人って事でしょうか・・・
愛する人のために身を投げ出したって、悔いはなし、的な。

★余談ですが、
二次創作をするもの同士で、自分のために描く(書く)か、人のために描くかって話が時々出ます。
文字書きさんは自分のムラムラする思いを吐き出したいだけなので、書いた後には興味ナシという方が多いのですが、絵描きは結構人のために~という方が多いかな。勿論自分も楽しくなきゃ駄目ですが、結構地道な作業時間も多いので。
私は、ブログで感想書くのは自分の考えの整理のため、模写は自分の癒しのためにですけど、ギャグ漫画とか同人本描く時はやっぱ喜んでくれる方の顔思い浮かべてますね^^ 一人で黙々と誰にも見せないで描くとか・・・絶対無理(笑

(2)その悲しさを俺は愛する
キーマン:「玲、俺は自分を悲しいと思ったことはない。何も持たなければ失う悲しみも知らなかったから。でも今は君の声を聞けないのが悲しい、君の顔を見られないのが悲しい。仕方ないな、きっと手に入れた分だけ、幸せだった分だけ人は悲しいんだ。」
いつの間に玲とそんな仲になっとったんだ?という疑問はさておき。
喪失体験とその受け入れの過程・・・ですが、喪失する前から既に「その悲しみを俺は愛する」なんて、キーマン君は言えちゃうんですね・・・早くない?
ああ、そうか、かつて父や母を失った時の悲しさを最近やっと受け入れることができた、だからこその言葉?
(玲に助けて貰ったシーンと繋がってそうなので、見返してみないと・・・)

今までできたことができなくなった、身近な人が亡くなった・・・という喪失体験が増えていく我々中年世代には、心に来るものがありますね^^

<山本の最期?>
爆発に山本機は巻き込まれてしまいますが、CT1は軽いのかな~。
よく見たら機首?が取れて飛んでってるんですが、何故助かったのか謎。。。

折角の波動掘削弾ですが、コアは復活してして月に一発。バレル大使ビックリ。
ここまでがAパートでした。


関連記事

この記事に対するコメント

自分の理解は
次のとおりです。

>サーベラーは苦しみ損?
「貴方は愛することのできる『人間』なのだから、同じ人間を滅ぼそうとするのは止めて」というサーベラー(透子)。
「愛することのできる人間は滅ぼされねばならない以上、自分自身も滅ぼす対象だ」として、自らの信念を崩さなかったズォーダー。
二人のすれ違いが最後まで解消されなかったのは、悲しくもあります。

>キーマン中尉がボタン押して警告音だけが鳴ってるシーン
前方からくるニードルスレイブを撃ち落そうとしたけど、弾切れで「EMPTY」と表示されたもの。

>その悲しみを俺は愛する
「以前の自分は悲しいと思ったことはない、つまり、手に入れたものがなく幸せでもなかったが、今は、悲しみを感じられた分だけ、手に入れることができており幸せだった。」と。
それが、26話の玲に対するバレルの「救われた」の台詞につながっている、と思います。

>機首?が取れて飛んでってるんですが、何故助かったのか
機首は脱出カプセルを兼ねていて、機体の完全爆破寸前に分離させたから、助かったものと考えられます。
ただ、ヤマトのどこかにカプセルが着いていただろうに、総員退艦前に見つけてもらえなかったんですかねえ・・・?
【2019/04/21 17:35】 URL | ハイクリア #- [ 編集]

Re: 自分の理解は
ハイクリア様、こんばんは^^

おおー!
透子(サーベラー)と大帝、キーマンの心の内というのがまだ未整理だったのですが、ハイクリア様のご意見拝見してちょっとスッキリしました。
最近記憶力の低下著しい上に他の方のご意見もあまり聞いてないもので・・・TV放映もちゃんと復習として観ればよかったです。
警告音と玲の機首についてはなるほど~!です。
機首が脱出カプセルを兼ねているなんて考えもつかなかったので、どゆこと!?となっておりました^^;
カプセルが総員退艦前にちゃんとヤマトに収納されていたのに気付かれてなかっただけ...というオチだったら笑っちゃいますね。

【2019/04/21 20:58】 URL | ようこん #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://yokon2199.blog.fc2.com/tb.php/1177-367e8148
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
メールフォーム

お名前:
メールアドレス:
本文:

※3日以上返信がない場合は、再度送信下さい。

ご来訪者数

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク(ヤマト関連)
プロフィール

ようこん

Author:ようこん
漫画とお絵かきが大好き。現在『宇宙戦艦ヤマト』『銀河鉄道物語』他松本零士作品がマイブーム。

月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム

QRコード

QR