宇宙戦艦ヤマト de 絵日記

宇宙戦艦ヤマトのイラスト・漫画・感想。40代反抗期も終焉、こんにちは更年期!

2202第11話『デスラーの挑戦!!』感想

2018.02.07
鉄と波動砲は熱いうちに撃てーーー!ということで、第4章各話感想に入っちゃいます。
だって円盤一般販売まで待ってたら、ヤル気なくなっちゃうんだもん(笑

■無駄にカワイイ古代君
11話振り向きカワイイ古代2
・・・お顔が女子っぽい上に間が長いので、脳内をこんな歌詞が巡ってしまいます(汗


↓盛大にネタバレしておりますので、それでもOKな方のみどうぞ。

まずはOP。
ヤマト2の早い速度バージョンが好きだったので、なんかもう馴染んじゃってます。

流石に4度目の視聴ということで、デスラー総統のご活躍を楽しむぞ!総統バンザーイ(ガーレ・ガミロン!とかガミラス語はもう聞けないのかな?)という体です。作画も古代&雪はひどいけど、総統は相当カッコイイ。(←ボッシュート行き)もうアベルトなんて言わせない!

台詞や画面、パンフを逐一確かめながら進んでようやく、いつ誰が何処でどうして何のためにこうなった・・・を理解(遅いよw)。
全てはデスラーの策略どおり、ということですけど、ヤマトがデスラー砲の力を利用してワープ(無差別?)成功、通常空間に帰れたのはかなりの強運。第3章の古代と雪を助けるための波動砲といい、ラッキー過ぎやしませんか。。。

・総統の名言が一杯!(しかも意味深~)
「時に取り返しがつかないからねぇ。感情に、愛に狂わされるということは」・・・自分とスターシャ、大帝とサーベラーの事(「私達を苦しめた”愛”」と言っているので)を言っているのか。

・大帝は何がしたかったのか?
ヤマトとデスラーの戦いを余興として楽しみたかっただけ?
「私(デスラー)にとってヤマトなど何の意味も持たないことを」知っていたのなら、デスラーに離反のチャンスを与えた?
「大帝の御心を臣下の誰が理解しているのだろう」(←この時のグラスを傾けた後のため息が実に色っぽいです山寺さん!)
からも分かるように、旧作と同じく互いに一国の王として尊重し合っている感じはします。大帝が小物っぽく見えますが・・・。

・コスモウェーブ(精神感応による高次元通信)・・・距離、空間の種類(次元が違ってもOK)は越えられる。重力の影響は受ける(ちくわの近くは使えない)。大帝、ミル、サーベラー、桂木、ガイレーンあたりは使える。 
それにしても精神感応を使える桂木さんがヤマトで盗聴してるのは何かアンバランスな気もします・・・体触って考えてる事わかる(キーマン君や古代君をタッチしてるので多分そう)ならその方が早くない?

・何故気がつかない、(瞬間)物質移送機
旧作では「デスラー戦法!」と南部が叫んで、(よく考えたらドメル戦法)、あのデスラーが生きていた!となるのですが、今回は最後にキーマン君が「デスラー砲・・・」と呟くだけでした。
2202では2199から3年経っており新ガミラス体制ができている、ガミラスの武器システムはガトランティスに良くパクられている・・・などの理由から、”デスラーが生きている”とは思いにくいのはわかる。でも、物質移送機はわかりそうなものですよね(汗
古代君は「罠かもしれん」の辺りで、薄々気が付いていたかもしれません。

・いつの間にか艦長席にいる土方さん・・・ワープの時にウッカリ座っちゃった?いつも寝ているのは艦長室?

・徳川さんの喋りがノロすぎてイライラするのは私だけですか~~^^;
 なーるほど、ザ・わーるど!!

・このぬくもり・・・(カラー挿絵)
 後で出てきた大帝とサーベラーの若かりし頃らしきカットから考えると、二人の子どもを抱くサーベラー1号ですよね。
 ガイレーンやミル君が息子とは考えにくいので、息子は亡くなっちゃって苦しんだんだろうな~サーベラー。とか妄想。

・タラ~ン!兄さんはどうしてるんだろう。タラン弟以外のガミラス人が映ってない。手抜き?
 ミルから銃を奪うシーンのアクションはもうちょっとカッコ良く描いて欲しかったなぁ。

・皆で背負う・・・個人的には無責任の極みという気がして、復活篇みたいに一人で背負ってる古代君のトップの孤独の方が好きです。でも、人生勝ちっぱなしという訳にはいかないので、現実問題としては大きな敵には皆で立ち向かうべきかな。漢のロマンは感じませんが(汗
そんな訳で、皆で背負うといいつつもTOPの覚悟は決めて貰うぞ古代君・・・というのが後から付け足した土方と雪の会話かもしれません。(それにしてもココの雪の作画はヒドイ・・・)


・・・うむ、何か自分なりに納得しました。(つまらなくてスミマセンヌ)

関連記事

テーマ:宇宙戦艦ヤマト2202 - ジャンル:アニメ・コミック

この記事に対するコメント

皆で背負うは
誰か一人が責任を免れることでもなく、連帯無責任にすることでもないと思いたい。誰か一人に押し付けることに対置されるものだと理解。
土方の雪への「倒れそうになったときに支えてやれ」は、「2」の「貴方の杖になる」からの発想かなと妄想した。
【2018/02/07 21:57】 URL | ハイクリア #- [ 編集]

カワイイ♪
あの古代君は線が細くて妙に可愛かったですよね。罠に落ちました~ 実際罠でした~
2度劇場で見ただけなので理解不足も多々ありますが,ようこんさんの感想を読んで咀嚼しつつあります。
デスラー総統,まことに相当素敵でした(激しく同意)
 わからないのは,「わたしにとってヤマトは意味がない」ということ。意味ないんですが❓ 「さらば」ではガミラスの再建とヤマトへの復讐のために戦っていたと記憶しています。意味はないけど面白いからヤマトを追いかけてるんですか?ってことはないと思いますが・・・
大帝の御心も総統は理解していますよね。一国の王として分かり合っているのはよいとして,後にわかるガトランティスは粛清マシーンということもデスラーが気付いているとしたら。ガミラスもイスカンダルも粛清の対象でしょうからのんびりしていられないですよ,総統!
 タラン以外だれがデスラーを迎えたのか,ガミラスの政情はどうなっているのか。ここも謎です。
 瞬間物質輸送機,なぜ気づかない! ここをどうやって気付かせるかちょっと楽しみだったんです。 でも,新作ですからこれが正解でしょうね。古代君はうすうす気づいている,に一票。
 皆で背負う。島君と徳川さんの責任は皆で背負うと言えるのに,波動砲をうつ自分の責任は皆で分け合おうと言い出せない。じゃなくて,島君と徳川さんの責任は「艦長代理である僕が持つ!」が出なかったのがむむむな感じ?でしょうか。
コスモウェーブを使える桂木さんがなぜ盗聴,気付いていませんでした。触ったら読める,なるほど! 案外,コスモウェーブを使える者同士でないと使えないのかもですね。
なんだか書き散らしてすみません。
ようこんさんの感想,おもしろかったので次も楽しみです♪
【2018/02/08 10:24】 URL | ふうこ #- [ 編集]

Re: 皆で背負うは
ハイクリア様
コメントありがとうございます。

> 誰か一人が責任を免れることでもなく、連帯無責任にすることでもないと思いたい。誰か一人に押し付けることに対置されるものだと理解。
あああ~仰るとおりでございますm(__)m
ついつい嫌~な自分の現実を反映させて考えてしまいました。
キーマン君のように外部の人が言った方が上手く行くのは良くあることですね^^

> 土方の雪への「倒れそうになったときに支えてやれ」は、「2」の「貴方の杖になる」からの発想かなと妄想した。
なるほど~気づきませんでした^^
思ったより2や3からの引用がありそうです、2202。

【2018/02/08 17:34】 URL | ようこん #- [ 編集]

Re: カワイイ♪
ふうこ様

古代君妙に可愛かったですよ~
最近の結城さんや男性原画さんならもっとお口大きく顎もガッチリかと~^^

私は映像作品はスピードや刺激についていけない体質なので(だから漫画や小説の方が好き)、自宅でメモ取りながらやっとこ理解しつつある感じなので、間違い&勘違いもかなりありそうです^^(後で修正しそう~)

それにしても「わたしにとってヤマトは意味がない」といいつつ、「私は屈辱を忘れぬ男」なのはホントに一体どういう事なんでしょうね。「もう終わりにしよう」「まだ始まってないのに」も含め、謎すぎます、総統!
そしてガミラスの内情、非常に気になるところですが、11話ではなく12話でタラン(弟)と向き合う(兄)らしき後ろ姿が映っておりました。チラっとヒントがニクイです。

> 島君と徳川さんの責任は「艦長代理である僕が持つ!」が出なかったのがむむむな感じ?
全く気が付いてもいませんでした~^^
この辺は結果オーライで何となくまぁいいや(笑)と思う事にしていますが。。。

> コスモウェーブを使える桂木さんがなぜ盗聴
サーベラーともあろう人にこんな事をさせるなんて~と思ってしまいましたが、触ってわかるのは感情やイメージだけで詳しい戦略とかはやっぱり盗聴の必要があったのかもしれません。

第4章はゆっくり見たら思った以上に収穫があった気がするので、またお時間あるときに遊びに来てくださいね。
ではでは、コメントありがとうございました^^
【2018/02/09 18:22】 URL | ようこん #- [ 編集]


こんにちは。お久しぶりです!
私も(デスラーの存在に)古代はうすうす気づいている、に一票。意外そうな表情の島と対比して古代はただ表情を引き締める、ってカットあたりを見てそう思いました。
四章、初見で見たときは自分、わりと「えーっ?えーっ?」な感じの混乱があったのですが、しつこく見れば見るほどいろんな情報がよみとれて面白く感じました。私のような、作品を微に入り細に入り食い尽くす系の視聴性癖がある者にはたいへん美味しいのですが、一般論として、映画は一回しか見ない派の方に、一度の視聴だけでおおよそを飲み込ませることができてないとしたら、それはどうなのだろう?という気もしました。(冒頭の「三章までのあらすじ」とパンフレットの解説がかなり補完していた気がするので、なおさら)
一方で、ネット配信やらなんやらで映画産業そのもののポジションが変わってる今、ハリウッドクラスの超大ヒットを狙わないなら、食いつく系の客向けにたくさん餌を仕込んだ作り方は、それはそれで合理的なやり方なのかもと思ったり。
【2018/02/10 09:53】 URL | ELLE #OumQaaPg [ 編集]

ELLE様
こんにちは!
こちらこそご無沙汰しております。

え~と、仰いますことまるごと同意(最近そればっか言ってる気がするのは皆さまから頂くコメントの質が高いからということで^^?)。
11話の最後で、古代君のみ表情が他と違いますよね^^
夏コミで本を出すなら3~5章ネタとなるので、その準備もかねて4回目の視聴からネチネチと台詞メモったりしておりますが、2199以上に台詞のメモ量が多いです。(逆に戦闘シーンは少ない)
そして台詞と画面をちゃんと追っていくと、結構思っていた以上につじつまが合っていたり、あーこういうことか!とか分かるんですよね~~^^そこが面白いと思いました。
2199はメカ好き、キャラ好き、SF好き・・・色んな方面からだけでも幅広く楽しめましたが、2202は脚本という1本の線を理解する気がないと厳しいんじゃないかな~と思いました。初見だとつい自分の得意要素(私だと作画)の駄目な部分や、理解できなかった部分の印象(なんでそーなるの?)のみ残ってしまうので、印象悪くなりがち。4章は音楽や声優さんの演技や戦闘(格闘?)シーンが良かったので、初見の評価も上々だったのだと思いますが。
”作品を微に入り細に入り食い尽くす系の視聴性癖がある者”
・・・私もソチラの性癖ある人だとは思いますが、苦手分野も多いのでELLE様ほどではないかな^^?

どこの業界でも、一般&オタクの両方狙いは塩梅が難しいのでしょうね。
【2018/02/10 15:18】 URL | ようこん #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://yokon2199.blog.fc2.com/tb.php/1063-3f89f857
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
メールフォーム

お名前:
メールアドレス:
本文:

※3日以上返信がない場合は、再度送信下さい。

ご来訪者数

カレンダー

04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク(ヤマト関連)
プロフィール

ようこん

Author:ようこん
漫画とお絵かきが大好き。現在『宇宙戦艦ヤマト』『銀河鉄道物語』他松本零士作品がマイブーム。

月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム

QRコード

QR