FC2ブログ

宇宙戦艦ヤマト de 絵日記

宇宙戦艦ヤマトのイラスト・漫画・感想。40代反抗期も終焉、こんにちは更年期!

2199第7章・初日舞台挨拶(新宿)1回目レポ

2013.08.25
◆2199第7章・初日舞台挨拶(新宿)1回目レポ(※追記にネタバレあり)

上映終了後は通常より長い拍手でありました。
ウワ~っと拍手喝采…ではなくダラダラと長い拍手。
スタッフ、視聴者ともに長い、長い旅でしたが、
最後を飾るに相応しい最終章…ありがとう&お疲れ様。
そんな感じでしょうか…^^

照明が明るくなりカメラマンさん等の移動の時間、ちょっと一息。

全員起立(嫌な人は無理しないでOK)で敬礼して登壇者を迎えます。
古代進役の小野さん、島大介役の鈴村さん、出渕監督の順に入場。拍手~。

小野さんは赤白ストライプのシャツに紺ジャケ&ズボンの裾まくり~のカワイイ感じ。鈴村さんは明るい青のジャケット姿でした。監督は…いつもどおり?

以下メモ書きをそのまま転記。敬称略。
補足は間違う可能性があるので最小限にとどめました。
明らかな間違い等ございましたら、教えて下さい。


●小林MC(以下:司会):2199完結の心境は?

小野:長い旅。本当にホッとしている。皆と一緒に旅をした。やっとここまで来た。
   どうしよう…とプレッシャーを感じていた頃が懐かしく思えるほどに長い。
   色々思い出して感無量。

鈴村:長い収録。やっと辿りついた。出来上がったフィルムみたが感動的。
   2199でヤマトは復活したが、昔のヤマトの空気感も取り入れつつ現代への橋渡しができた。 
   旅に付き合ってくれてありがとう。

監督:二人(小野&鈴村)はオーディションから2年だけど、僕らは5年くらい。
   早く形にして上映したかったが、色々波、難所、足止めがあって、ようやく公開した。
   感無量って言葉はありきたりですが、感無量としか表現しようがない。

●嬉しかったことは?

監督:1作目のリメイクをやれるという事自体が、「え!?嬉しい!」だった。

●スタッフの声かけについて(またその話?もっと気の利いた質問せんかい!)
監督:同世代のヤマトが契機でコッチの業界に転んだ人を勧誘した。この作品を契機に天文、アニメなどの職業についた方も多いと思う。同じ思いを持つスキルのある人。脚本、作画、デザインの中では自分はデザインが専門だが、ヤマト再構築のデザインとしては自分個人としてはパーフェクト。

●オーディション?

小野:古代役は同業の先輩からのプレッシャーが凄かった。優しいというより、古代しくじったら許さん!とか何でオマエが?俺がやりたかったのに!とか…他の現場の音響監督さんから大丈夫か?と言われた。
最初はどうしよう…と責任を感じていたけど最後はえ~いままよ!と吹っ切れられた。結果的になりふり構わない古代を演じることができた。(またその話か…)

森君、森君、森クン…ときて突然「ゆ~き~~~」おおおっ!生声)と叫び出してから落ち着いた…
で、すぐ森君に戻る…「バカーーぁ!」(笑)←ココ可愛かった。。。

(↓以下ネタバレ含みます
[Read More...]

テーマ:宇宙戦艦ヤマト2199 - ジャンル:アニメ・コミック

メールフォーム

お名前:
メールアドレス:
本文:

※3日以上返信がない場合は、再度送信下さい。

ご来訪者数

カレンダー

07 | 2013/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク(ヤマト関連)
プロフィール

ようこん

Author:ようこん
漫画とお絵かきが大好き。現在『宇宙戦艦ヤマト』『銀河鉄道物語』他松本零士作品がマイブーム。

月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム

QRコード

QR