FC2ブログ

宇宙戦艦ヤマト de 絵日記

宇宙戦艦ヤマトのイラスト・漫画・感想。40代反抗期も終焉、こんにちは更年期!

2199『さらばドメルと言わせないでくれ!』(3)

2013.01.26
(独自設定・ご注意)
・エリーサはガミラス星近くの植民地惑星の出身で、赴任していたドメルに一目惚れされて結婚。
・2199第3章で出てきた二人の子どもの共同墓地のシーンはその植民地星での出来事に変更しています。
・初の名前つきマイキャラあり(笑)。・・・これがホントのドメラーズ2世? いや3世?
 


(3)

一年後、故郷の星の共同墓地を訪れたエリーサ。
その細い腕には赤ん坊が抱かれている。

haka_01.jpg(拡大画像あり)

ヤマトとの決戦に破れ宇宙の藻屑と消えた夫の骨は、エリーサの元に帰るはずもなかったが、ドメル家の墓には既に赤ん坊の父の名が刻まれている。
エリーサは墓前に座って花を供え、その美しい緑の瞳を閉じた。

◆ ◆ ◆

今日ここへ来る前に、元ガミラス兵の生き残りの一人から、夫ドメルから自分へ宛てた手紙を受け取っていた。日付はヤマトとの決戦の前日だ。

愛用のレトロなタイプライターによって打ちこまれたその手紙には、エリーサへの感謝の言葉が簡潔に綴られているだけだった。
常に戦いは勝って当たり前、負けることなど今まで考えたこともない夫が、決戦前の忙しい中自分の為に1分でも時間を割いてくれたことが、エリーサには何よりも嬉しかった。

・・・が、疑問も残る。

あんなに完璧な作戦を立てたにもかかわらず、夫はこうなる事を予感していたのか?
デスラー総統に忠誠を誓いつつも、そのやり方に疑問を抱いていた夫。
ひょっとしたら、地球に勝っても死ぬつもりだったのだろうか?

わからない・・・。

いや、もう考えまい。全ては終わったことだ。
ガミラスは負けたのだ。
そして、結果として植民地は解放され、戦争は終わった。
暫くは政治的混乱や食料不足が続くが、罪のない一般市民や子ども達が死ぬことはもうない・・・。

◆ ◆ ◆

エリーサはゆっくりと顔を上げ目を開くと、前を見据えた。
たくさんの墓標が視界一杯に広がるが、いつの間にかそこには今までと違った優しい風が吹いている。

そうそう、あなた・・・
報告が随分遅くなったけど、この子の名前はセリスと名づけました。
私の故郷では“光”という意味です。
私は、この子と一緒にこの星の未来を築きます。
あなたは、ずっとここで私たちを見守り、そして祈ってください・・・。

お墓だらけで闇に包まれたようなこの国とこの土地に、
光と希望が戻らんことを―――。


上空をずっと旋回していたドメルのロクロック鳥は「クエ~っ」と一鳴きした後、バサバサと翼をはためかせ、いずこかへ飛び去っていった―――。

-END-
2013.1.26
ようこん

続きにあとがき

[Read More...]

テーマ:自作イラスト(二次創作) - ジャンル:アニメ・コミック

CATEGORY : 妄想SS TB : (0) CM : (0)
メールフォーム

お名前:
メールアドレス:
本文:

※3日以上返信がない場合は、再度送信下さい。

ご来訪者数

カレンダー

12 | 2013/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク(ヤマト関連)
プロフィール

ようこん

Author:ようこん
漫画とお絵かきが大好き。現在『宇宙戦艦ヤマト』『銀河鉄道物語』他松本零士作品がマイブーム。

月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム

QRコード

QR